テクニックに走りすぎていないかい?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

良くある質問に

「○○(テクニック)を身につければ稼げますか?」

というのがあります。

 

結果から言うと
稼げるかも知れませんし、稼げないかもしれません。

 

どうも、さっとです。

 

バリッバリのライティングスキルがあったら
それだけで稼げますか?

 

自在にサイトを編集してデザインが秀逸なものが作れれば
それだけで稼げますか?

 

重要なのはそれらのテクニックを如何にして使うかですよ。

 

そういったテクニックばかりを欲する人というのは
やたら手法やスキルばかり高める事に躍起になって
その運用方法を理解していない感があります。

 

そういったテクニックやスキルは一般社会で言う資格のようなもの。

 

そう、火薬類取扱保安責任者とか毒物劇物取扱者とか
危険物取扱者などなどのアレ。

 

こういった資格を持っていても
それを仕事を進める上で必要とされる場面にいなければ
その資格がお金を生むことはありません。
ネットビジネスの世界でも
正しく運用すべき場面を知らなければ宝の持ち腐れになります。

では一般的な資格とネットビジネスのスキルで
大きく違う部分は何でしょう?

 

一般的な資格というものは
人に向き合ったものなのです。

 

人や社会を守りながら知識を発揮するためのものが資格なんです。

 

一方、ネットビジネスのスキルは知識のみなんですよ。

 

[box style=”comment”]え、でもライティングとか人を意識してあるじゃない?[/box]

そうかしら?

 

あくまで特定の人を的とみなした教材がほとんどですよね。

 

如何にして、相手を自分の話で動かすかに着目されてますよね?
人に向き合ってますが、
少なくとも守ってはないですよね?

 

だからこそスキルだけを高めても稼げないという事が成立するんですよ。

 

難儀ですね。

 

では、人や社会を守るという部分は
ネットビジネスでは具体的にどうするか?

 

問題解決の情報を必要とする人に的確な情報を示す事が
アフィリエイターの使命ですよね?

 

その的確な情報を提示した結果
読者は情報を信頼してサービスを申し込んだり購入したりします。

 

人というものを知らなければ
信頼しうる情報を提示するのは難しいですよね?

 

テクニックがいくらあっても
稼げないからくりはこんなものですね。

 

人を知るには
人と交流するのが近道と考えます。

 

人と交流するもっとも有効な手段

いきなり何の面識もない所に飛び込んで
交流を繰り返しても
その行っている交流が
有効なものか否かの答えを教えてくれる場面ってないですよね?

 

そりゃ、行った先で無礼な振る舞いをするような交流の仕方をしていれば
苦情が入ってわかりやすいですが
進んで人に嫌われに行く人も稀だと思います。

 

ではどうすればフィードバック込みの交流を行えるか?

 

それはグループ活動が有効であると言えます。

 

最初はグループ内でメンバー同士の交流を行い
いろいろなフィードバックを得ると良いでしょう。

 

ある程度、様になってから
よそ様に働きかける事によって
多くの人を見てきてください。

 

 

0 Comments

  1. こんにちは芝 寛之です。
    インターネットビジネスにはテクニックやスキル以外にも仲間の存在が大事だと分かりました。仲間がいるとモチベーションの維持や向上が出来ます。

    1. 芝 寛之さん、ようこそ。

      そうですね、モチベーションなどの維持には欠かせない事は
      多くの方がその実績で証明されていますし
      それについて説明していますね。

      今回は少し変わった切り口で説明してみました。

      ありがとうございます。