ノウハウを学ぶときは、その先にある本質を掴み取る事♪

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ノウハウは、あくまでも開発した人の環境下で

最大限の威力を発揮するのであって、自分のおかれる環境下でそのままコピーしても

使い物になるとは限りません。

 

どうも、さっと塾 塾生 ZENです。

 

製造業に携わっていると、よくTPS(トヨタ生産方式)の考えでは・・・・・

なんて事を言う方がおられますが、

これはトヨタの現場に合わせてつくられた生産方式であって、

自社の生産方式の改善をするのにそのままコピーしても

必ずしもうまくいくものではありません。

 

だって、皆置かれている環境が違うんだから

環境に合わせてチューニングしなおさなければ、

使えないって事多いでしょ♪

 

大事なのは、ノウハウの先にある本質を理解し

現場に合わせた内容を導入する事。

 

ネットビジネスもそう

 

ノウハウの先には、基本的な原理原則があります。

ラポールなんかは原理原則の代表的なものですよね♪

 

ノウハウを学ぶときは、

まず、なぜこの様な事を言っているのか。

なぜ、この様な動作をするといいのか。

なぜ、なぜ、なぜを繰り返し、本質をつかみ取る事。

 

本質をつかんだ上で、自分がどうなりたいのかイメージした

上で、ノウハウを活用する事を心掛けないと

 

ノウハウに遊ばれて、成果が出ないって事になりかねないかも知れませんよ。

 

 

0 Comments

  1. さっとです。

    ありますね、やたらトヨタ方式を
    やたらプッシュするの。

    トヨタと同適度の社風・設備・人員があって
    はじめて成立しているのであって
    美味しい所だけ真似ても
    結局ドツボにはまるのはよく見る光景ですね。

    学ぶべきは型ではなく本質ですね。

    ありがとうございます。