新職種リライトライター

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

元記事等をもとに
文章を云々する職業といえば

「文章校正」

が有名どころではないでしょうか?

 

古くからSOHO分野で注目されてましたね。

 

しかし近年
検索エンジンのアルゴリズムの変化などに対応すべく
新たにリライトライターという職種も誕生しているようです。

 

どうも、さっとです。

 

文章校正とリライトは
一見すると元の文章を直すといった
同じような事をしているといった印象を抱く人も多いと思います。

 

校正に求められるもの

多くの人は文章校正と聞くと
誤字脱字や用語の間違いを修正するのが
主な仕事だと感じていると思います。

 

実際に誤りなどを正していくのがメインの業務となりますので
丁寧さと根気の必要な作業の繰り返しですね。

 

プログラミングにおける
デバッグ作業に近い性質がありますね。

 

しかし校正という言葉本来の意味の通り
記事を掲載する媒体に合わせて
文章を整えたり見出しを付けたり
場合によっては章立てて加工したりする事もあります。

 

オリジナルの魅力を忠実に表現するために
キャリブレーションを行うイメージですね。

 

リライトライターに求められているもの

リライトについては
当ブログでも度々取り上げていますが
元記事の伝えたい内容を別の文章で表現する事ですね。

 

校正が

「元記事=校正した文章」

を目指すのに対し
リライトは

「元記事野≠リライト文章」

になる事を目指しています。

 

つまりオリジナル記事を元に
別のオリジナル記事を作る作業と言えます。

 

その為、元記事に対し
ターゲットに合わせて読みやすく文体や表現を変える等の
付加価値を与えるなどの目的をもった改変を行い
それでいて元記事が伝えたい本質を失わないようにする必要があります。

 

また場合によっては使用する場所を考慮したリライト作業を意識する必要があります。

 

元記事ありき

文章校正とリライトには同じように

「元記事に対して」

といった共通点がありますが
両者とも着地点が違いますので注意が必要ですね。

 

0 Comments

  1. こんにちは!記事拝見しました。

    まずはリライトから、記事の書き方を勉強しています。
    丸写しももちろんダメですし、言い方を変えただけ、という印象を持たれないようなるべく自分の考えなども入れて同じような文章にならないよう工夫しています。
    それでも「参考にして書いただけで、他の人のパクリだー><」と思っていたので、「オリジナル記事からオリジナル記事を作る」という表現に自信が持てました!
    元記事が伝えたいエッセンスを汲み取り、自分のオリジナルも出していけるようにこれからまた練習していきたいと思います^^

    応援していきますね!

    1. しまさん、ようこそ。

      元記事が書かれた背景やターゲットなどの関係で
      説明が省かれたり
      解説が長くかかれている場合があります。

      そのためリライトして別のターゲットにむけて記事を書く際
      加筆したり自身のオリジナリティを出したり
      省かれた部分を補完したり
      蛇足と思われる部分を削る当の作業は
      必須であると考えます。

      同じ話でも
      大人と子供に話すのでは
      表現は大きく変わってきますね?

      そういった作業が
      付加価値を高めるのだと考えています。

      応援ありがとうございます。