面白系記事を書く際の注意点 3

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

いろいろ試行錯誤して
書いた面白系記事が
ドッカンドッカンいい反応があったら
ついついPCの前でニヤニヤしてしまいますよね?

 

この面白ネタはまだまだ使えそうなので
次回も使ってみよう…

 

…そういった場合の注意点を少し解説します。

 

どうも、さっとです。

 

面白ネタは単体完結

良い反応が得られた面白ネタは
次回からもどんどん使うべきですね。

 

しかし何の脈絡もなく
ネタを後日使うと

「急に何言ってるの?」

といった反応がある場合もあります。

 

それは読者が時系列に沿って
一から貴方の書いた記事を追ってきてはいないためです。

 

前回の面白ネタが登場する背景ありきの状況と違って
その背景がない後日に書く記事の場合には
リピータしか理解できない内輪ネタとなってしまうからです。

 

あなたの記事を初めてみた人が
その後日に書いた記事である場合もある事を理解しておく必要があります。

 

だからといって
前回の記事にリンクを貼ってギャグの説明を始めるのは最低ですね。

 

あなたがネタ系ブログをやっているのならば良いかもしれませんが
アクセントとしての面白系の場合はやめましょう。

 

あなたが伝えたい内容は面白ネタじゃないでしょ?

 

ネタに説明や解説が必要ならば
ウケたネタでも無理に使うのはやめましょう。
基本的に面白系ネタは記事内で完結出来るように心がけましょう。

 

読者は毎回欠かさず記事を読んでくれている人ばかりではないので。

 

長くブログをやってたら
きっと来ますよ。
ネタを繰り出せる環境が再び整う日が。