お役立ち記事の書き方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

アフィリエイターの本分は
有益な情報を提供することにある。

 

とあるアフィリエイターの方が説いていた言葉です。
私もそう思います。

 

どうも、さっとです。

 

さて、有益な情報を提供する…

 

簡単に言えば

「お役立ち記事を書く」

事です。

 

「こういうものが欲しい」

「この問題を解決したい」

といった悩みを抱いて
人は検索サイトなどでキーワードを入力して
情報を探すわけですね。

 

その悩みを満足させる情報や商品を提示し
その対価として成果の一部から報酬がいただけるわけです。

 

人の悩み自分の悩み

お役立ち情報とは言っても
人々が何に悩んでいるのかを知らなければ
提供しようがありませんね?

 

一生懸命ダイナマイトに関するお役立ち記事を書いても
その情報を欲している人が
日本にどれだけいるかって話ですよね。

 

いくつか悩みを知るための方法があります。

 

例えば
あなたが日々生活していて
ふと疑問に思ったりした事を
Googleなどで検索する事があると思います。

 

それってあなたが知らないから検索する訳ですよね。

 

それは知識の穴を埋めたいという悩みじゃないんですか?

 

そうです…

 

あなたが検索して情報を得た事
それを記事にすればいいんですよ。

 

広い世界です。

 

あなたがその情報を手に入れたいと願ったように
別の時間・場所で同じ情報を欲している人がいるのです。

 

多くの悩みが集まる場所

検索している事を記事に…

 

でも普段検索している内容が

「花火 到達高度」

等では多くの人の悩みは解決できそうにありません。

 

まあ、この時期なら
花火の撮影などの関連情報として
少し需要がある程度ですが…

 

しかしアフィリエイトについての
お役立ち記事を書きたい!

 

そうなってくると
この方法では難しい場合もありますね。

 

何故ならあなたが知っている為に

「こんな事で悩んでいる人はいないだろう」

と無意識にスルーしてしまう場合があるからです。

 

ならば悩んでいる人を見て来ればいいじゃないですか。

 

ナレッジベースといった言葉を聞いた事ありますか?

 

知識ベースとも呼ばれるもので
事実や経験といった知識をデータベース化したもので
検索したりして知識を取り出す事が出来るものです。

 

少し形式は違いますが
Y社の知恵袋などが該当します。

 

そこには多種多様な悩みや
その解決方法が集まります。

 

もう解ってきましたね?

 

そこに掲載されている悩みに
肉付けや言い換え等の加工を行い
記事を作成するのです。

 

そう、リライトするんですね。

 

人の数だけ悩みがあります。

 

記事に書くようなネタがないと
もう言わせませんよ、ええ。

 

 

 

0 Comments

  1. さっとさんこんばんは。
    子育て主婦やまちゃんと申します。

    インターネット収入の勉強を始めたばかりなので、さっとさんの記事を「なるほど~」と思いながら拝読致しました。

    ポチッと応援完了です。

    1. やまちゃんさん、ようこそ。

      ありがとうございます。
      さらに大雑把に言えば、
      人の知りたい事を書いとけば必要としている人は必ず来るって事ですね。

      そういった記事がどんどん増えれば…
      もう説明する必要もありませんね?

      応援ありがとうございます。