購入者特典が用意できません

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

情報系アフィリエイトを行っていく上で
購入者特典を用意して
教材に付加価値を加える方法がありますね。

 

どうも、さっとです。

 

一昔前は特典の数がモノをいう時代でしたが
最近は量より質といった事が見直され
質の高い特典を用意する必要が出てきました。

 

そりゃ、使い方がわからない
もしくは最初から使えないゴミ特典を
大量にネジ込まれても時間とHDD容量の無駄ですよ。

 

そういった訳で
他の人と差別化を図る意味も込めて
オリジナルな特典を用意したい所です。

 

ネタはすでに書いてある

オリジナルな特典を作れと言われても
始めたばかりの人などは

「んなもの作り方が分からないよ」

と嘆きの声をあげがちです。

 

いくらかのライセンス料を払って
再配布可能なツールを
特典に持ってくるのも良いですが
これ結構他の人と被るんですよね…

 

差別化といった視点から見れば
かなり弱く
またツールと言うホットなジャンルであるため
どうしても特典合戦と化してしまい
泥沼化しやすいです。

 

次に有効な特典と言えば
その情報商材をフォローする系のモノとなります。

 

例えばAという商材は
メルマガ関連の説明が弱いので
弱い部分を補う形のレポートを特典にした。

 

Bという商材は
作業面がやや複雑なので
見やすいフローチャートや図解を
特典にした。

 

どうです?

 

これなら初心者でも用意できそうですよね。

 

初心者といえども
最低限アフィリエイトする商材の中身を確かめて
レビューを書いているはずですよね?

 

さらに言うと
自分の書いたレビューよりも
事細かに詳細をレビューしているサイトだってありますね?

 

その商材のどこが弱い部分かは
すぐに見えてきますね。

 

そういった弱みの部分を
レポートにまとめれば充分役立つ特典になります。

 

では、そういったネタはどこから…

 

…あなたが過去に書いた記事から持ってくるのです。

 

もちろん
そのままだとダメなので
詳細に掘り下げて加筆する必要はありますが
何もない状態から作るよりかは
労力は少ないはずです。

 

実践してみてつまづいた部分を抽出する

実際に実践してみて

「うわ、ここ解りづらい…」

「ちょっとこれ、難しいんじゃないの?」

と感じる部分は
いくら優良で素晴らしい商材でも存在します。

 

そういった部分だけをまとめて
その時に行った解決方法や
サポートなどにたずねて聞いた
すすめ方をレポートにするのも良いですね。

 

あなたがそこでつまづいたという事は
少なからず同じ所でつまづく人もいるという事です。

 

そういう個所の解決方法が
最初から分かっていると安心ですね。

 

とにかく作ってみよう

この記事を読んだ事で
特典が用意できないといった事は
これでなくなると思います。

 

他にもいろいろな手段がありますが
簡単なものを紹介してみました。

 

とにかく作ってみて
特典に追加してみましょう。

 

無くて特典を付けないよりかは
一つでも有益なものが付いてる方が強みになりますよ。

WP_20150117_10_58_31_Pro