成功コーチングでさらに加速される!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

GEOモデルとは、 このGとEとOをイメージしてゆくことで、

成功に近づいてゆく ということです。

 

G:ゴールを設定する(目標設定する)

E:エビデンス(証拠)として目標達成の状況をイメージ

O:目標達成とは、現状とゴールのと差(GAP)を埋めるオペレーション。

 

さらに詳しくいうと

G:目標設定した目標を書きます。

E:ゴールを達成した情景をイメージして文章にします。

O:5感の表現をいれてみてください。 という感じです。

これを書いた紙を毎日みて、 目標を確認し、

毎日 5感を使ってイメージしましょう。

目標が大きい場合は、中間目標を作って、同じようにGEOモデルで書きます。

最終目標が億万長者になるとした場合、

「3年後には、年収1千万円を達成したい」と、

中間目標を設定して GEOモデルで書き、毎日、見てゆきます。

中間目標や、さらに経過点となる小目標を立てるときは、

スマートの法則で目標を立てることがお勧めです。

 

スマートの法則とは・・・

ビジネスコンサルタント業務のオーソリティーである ブライアントレーシー氏が

提唱しているものです。

英語の頭文字をとったものです。S・M・A・R・Tでスマートとなります。

小目標などの中間目標が以下のようになっていることが大切です。

Specific  = 具体的、イメージしやすい目標

Measurable  = 計測可能、数字化できる目標

Agreed upon = 同意できて、達成可能な目標

Realistic  = 現実的に達成できる目標

Timely  = 期限が明確化できている目標

1人で、GEOモデルを活用する時は、スマートの法則が有効です。

でも、1人でだと、サボってしまいそう・・と思った方もいると思います。

それには、成功コーチングを取り入れましょう 。

 

1週間~1ヶ月に1回ぐらいのペースで、成功コーチングを体験しましょう。

二人でスカイプなどを使って、お互いに交互でクライアント役とコーチ役になって

成功コーチングの練習をします。

2人でやれば 「人の目効果」もあるし、互いに影響しあって続けてゆけます。

有益な情報交換もできるかもしれません。

同じ人と10回練習するより10人の人と1回ずつ練習したほうが、

視野が広がってよいですね。

これは、人の目効果が10倍であると同時に、

「スモール・ワールド現象」、「六次の隔たり」により、

必要なリソース情報が確実に獲得できるようになりやすいからです。

 

「スモール・ワールド現象」とは、 社会心理学者スタンレー・ミルグラムが行った

スモールワールド実験で検証され、

その後この仮説をもとに六次の隔たりという有名なフレーズが生まれました。

「人は自分の知り合いを6人以上介すと世界中の人々と間接的な知り合いになることができる」というものです。

ということは、コーチング練習をしたときに、この質問をしてみましょう。

「私の目標は×××です。達成するのに必要なリソースをしっていますか?

知っていそうな人はいますか?教えてください」

ネットで収入上げる、というキーワードで集まった同志なのですから

「スモール・ワールド現象」「六次の隔たり」により、

有益な情報が手に入りやすくなるのは必然です!

あなたがスピード成功を望むのであれば

インターネット収入獲得の同志がたくさんいる環境に身を置き

その人たちとコーチング練習ができる状況をつくることです。

 

 

成功コーチング、これが、スピード成功の入り口です!

 

成功コーチングについてもっと知りたくなりましたね。

それなら、まずは、iBSA流のアプローチについて、

どんなものか 無料でちょっとのぞいてみませんか。

 

下記をダウンロード後、”成功コーチング”“GEOモデル” で検索してみましょう。

あなたもこのパワフルなスキルについてもっと知ってみましょう!

↓画像をクリックです

0 Comments

  1. hirochangさん、こんばんは。
    モリモリ塾のカメと申します。
    ネットビジネスを10年もやられているんですね。
    私はまだまだかけ出しですが、
    よろしくお願いいたします。