ブログ記事に「もくじ」を付けるプラグイン、Table of Contents Plus

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

検索などで現れたページのどこに必要な情報が書いてあるか、読んでみないとわからないでね。
しかも読んでみたら、実は関係ない話題だった…

 

あると思います。

 

目次があれば、必要な情報がどこに書いてあるか、解りやすくなりますし、検索エンジンからの評価が良くなる要因の一つとされています。

 

だからといって、記事を書き終えた後に見出しごとにアンカーを設定して目次を書いていくというのは、面倒以外の何者でもありませんね?

 

どうも、さっとです。

 

今回は、WordPressの投稿記事に目次を挿入することが出来るプラグインを紹介します。
具体的には下のこれですね↓

 

 

「Table of Contents Plus」とは

Table of Contents Plusは、記事の目次を自動生成するプラグインです。
投稿や固定ページ記事に記述したH1からH6までの見出しタグを基に目次を自動生成します。

 

デザインも数パターンから選ぶことが出来、いろいろなブログデザインにマッチします。

 

「Table of Contents Plus」をインストール

管理画面から「プラグイン→新規追加」と進んで、「Table of Contents Plus」を検索してインストールして下さい。

hakouma

インストールしたら、「プラグイン→インストール済みプラグイン」よりTable of Contents Plusを有効化するのを忘れずに行う必要があります。

 

「Table of Contents Plus」を設定

設定を行う事で、表示場所や自動で目次を作成するかどうか、デザインなどを設定する事が出来ます。
Table of Contents Plusの「プラグイン→インストール済みプラグイン」のTable of Contents Plusの項目か、「設定→TOC+」から行う事が出来ます。

場合によっては、「TOC+」ではなく「目次+」となっています。

 

hakouma

現行バージョンは日本化されており、簡単に設定できるようになっています。

表示する場所

目次の表示位置を設定します。
記事トップ・ボトムまたは最初の見出し前後。

 

表示条件

いくつ以上見出しがある時に目次を生成するかを設定します。

 

次の投稿タイプのときに表示

目次を設置する記事の種類を設定します。チェックしたものは自動で目次が生成されます。

  • post:通常投稿記事
  • page:固定ページ

 

デフォルトでは上記のみ設定できますが、プラグイン追加などでこういった項目も増えます。

  • news:お知らせページ
  • wpcf7_contact_form:コンタクトフォーム

 

見出しテキスト

目次のタイトルを設定します。

 

階層表示

目次の階層を表示させるか設定します。
h1タグの大見出しの後にh2タグの小見出し、各項目を説明するh3タグのような場合は、

・大見出しh1

・小見出しh2

・項目h3
・項目h3

といった感じになります。

 

番号振り

目次に番号を付けるか設定します。

 

スムーススクロール

目次をクリックした時に、滑らかにスクロールさせるか、一気に飛ぶか設定します。

 

デザイン

目次のデザインを設定します。基本的には全てデフォルトでかまいません。

 

 

変更があった場合は「更新」ボタンを押して終了してください。
以上で設定を終了します。

 

Table of Contents Plusの使い方

基本的には自動で設定される目次なので、設定を済ませれば特に気にする事はありません。

 

しかし、特定の記事のみ目次を表示または非表示させたいという場面もあると思います。
そこでその方法を最後に説明します。

 

特定の記事のみ表示する

特定の記事のみに目次を設定する場合は、記事の中に

[toc]

と入力すると、記載した場所に目次が表示されるようになります。
ただし、「次の投稿タイプのときに表示」が設定されていると全ての記事に目次が入るので、チェックを外しておく必要があります。

 

特定の記事のみ非表示にする

通常は自動で目次が入り、特定の記事だけ目次をいれたくない場合には、記事中に

[no_toc]

と入力すると非表示になります。

 

 

コメントを残す