よく使うコードを登録して好きな時に呼び出せるプラグイン、AddQuicktag

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

WordPressの便利機能として、ショートコードが挙げられます。
例えば前回紹介したSpeech Bubbleプラグインなど、省力化のためのショートコードどいっても、結構いろいろなパラメータを設定しする必要があります。

 

しかも、毎回そう設定内容は変わりませんよね?

 

 

今回はそういう毎回使うコードを登録しておいて、必要な時に呼び出せるAdd Quicktagのお話です。

 

 

「AddQuicktag」とは

一昔前のアフィリエイト系Wordpressテーマでは高確率で導入が推奨されていた事でも有名ですね。
よく使うコードやタグをボタン(場合によってはリストボックスになります)から一発で呼び出せるため、編集がはかどります。

 

また、アドセンスタグなどを登録しておくと、記事内の任意の場所に貼るなど便利ですね。

 

 

「AddQuicktag」のインストール

管理画面から「プラグイン→新規追加」と進んで、「AddQuicktag」を検索してインストールして下さい。

hakouma

インストールしたら、「プラグイン→インストール済みプラグイン」よりAddQuicktagを有効化するのを忘れずに行う必要があります。

 

WordPressのバージョンによっては、インストール後に有効化をするしないを選択できることもあります。

 

 

クイックタグの登録

プラグイン自体の設定項目はありませんが、クイックタグを登録しない事には始まりません。
「設定→AddQuicktag」を選びます。

hakouma

「Button Label* and ラベル名」「Start Tag(s)* and 終了タグ(s)」は必須項目です。
開始タグと終了タグ、また解りやすいラベルを付けましょう。

 

ラベルは投稿画面のボタン名になります。

 

その他のチェックボックスはどの場面で使用するかなので、よくわからない場合は「ビジュアルエディター」「post(通常記事)」「page(固定ページ)」にチェックを入れておきましょう。

 

 

hakouma

最後に一番右端のチェックマークにチェックして「変更を保存」ボタンをクリックしたら完了です。

 

hakouma

あらかじめ用意されたボタンを追加したり、外したりすることも可能です。

 

「AddQuicktag」の使い方

多くの方は投稿や固定ページでの編集画面で使用する事を予定していると思います。
また、クイックタグ設定でそのようにチェックを入れていますね?

 

例は投稿画面での使用例です。

 

hakouma

先ほど追加したクイックタグは

 

[ショートコード]〇〇〇〇〇〇〇〇[/ショートコード]

 

といった文字列を挟み込んで、何かしらを行うものなので、適用したい文章を選択して反転させてから、ツールバーに追加された「Quicktags」から使用したいコードを選びます。

 

※TinyMCE Advanceというプラグインを導入した編集画面ですので、実際は少し違う場合もあります。

 

hakouma

ちゃんと追加されました。

 

どの様なコードを追加するかは、それぞれどの様なタグやコードを使うかによって大きく変わってくので、まさに無限の使い方が出来ると思います。

 

 

 

コメントを残す