記事を読んだ後に、取ってほしい行動を明確にするプラグイン、WordPress Calls to Action

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アフィリエイトの記事というのは、読み終わった後、一定の行動を促す必要があります。
具体的にいえば、LPへ飛んでメルマガ登録であったり、商品購入であったり。

 

…そうしないと何も発生しませんよね?

 

そこで記事の最後にリンクやボタンを用意して「これをクリックすればいいんだね」と思ってもらえるようにします。
これを「Call To Action(コールトゥアクション)」といい、略してCTAと書く場合もあります。

 

どうも、さっとです。

 

Webサイトやブログでは、意外なページが検索エンジンなどから人を集めている場合があります。
たとえば事例のページやコラムのページなど、何の商品も紹介していないページですね。

 

グローバルナビゲーションやサイドバーに「資料請求」というリンクがあったとしても、訪問者はそこに目がいっていない可能性があります。

 

コンテンツや記事の下などに改めてCTAを用意するのが効果的になってきます。
今回はWordpressで手軽に直訴力の高いCTAを作成できるプラグインのお話です。

 

 

WordPress Calls to Actionとは

ただリンクやボタンを用意して「〇〇はこちら」とするのも良いのですが、直訴力が少し低いですね。
場合によっては気が付かない、サイドバーの広告の方が目立ってて意図したとおりに行動してくれないという事は多々あります。

 

そこで記事毎に細かくCTAを変えることが出来たり、ABテストが出来たりするという、多機能で直訴力の高いCTAを導入するプラグインの出番です。

 

「WordPress Calls to Action」のインストール

管理画面から「プラグイン→新規追加」と進んで、「WordPress Calls to Action」を検索してインストールして下さい。

hakouma

インストールしたら、「プラグイン→インストール済みプラグイン」よりWordPress Calls to Actionを有効化するのを忘れずに行う必要があります。

 

WordPressのバージョンによっては、インストール後に有効化をするしないを選択できることもあります。

 

 

CTA登録

hakouma

有効化すると、ダッシュボードメニューにCall To Actionという項目が追加されます。
「Add New」を選ぶと、CTAを新規に作成する事が出来ます。

 

hakouma

CTAに合わせたいくつかのテンプレートを選ぶことが出来ます。
今回は、ぱっと見で私の目に入ったCall Out Boxというものを使ってみます。

 

hakouma

するとこのような設定項目が画面に表示されます。
※初期設定だと有料版へ促すメッセージが表示されている場合があります。
サクッと閉じてしまって結構です。

 

ここで付ける名前は管理用のもので、読者には見えませんので、管理しやすい名前を付けるといいですね。
今回は「さっと用メルマガ募集CTA」とします。

 

名前を付けたら、「Create Call to Action」ボタンをクリックします。

 

hakouma

画像、長!!
各項目を設定して、終わったら「公開」をクリックします。

 

それでは各項目の説明をします。

 

 

Call Out Box Option

CTAの枠に関する設定を行います。
タイトル、本文など、表示に関わる設定が主です。
ここだけ設定しておけば、とりあえずは問題ありません。

 

 

CTA Width、CTA Hight

CTAの枠の幅、高さを指定します。
特に設定しなくても、それなりに綺麗に枠を設定してくれるので、放っておいても良いですね。

 

 

Headline Text Color

ヘッダーライン…いわゆるCTAのタイトル文の文字色を指定します。
テンプレートに習って作る場合はそのままでも問題はありませんね。

 

 

Content Alignment

CTAの本文の配置を左揃えまたはセンタリングから選べます。

 

 

Header Text

CTAのタイトルに当たるものです。
これはCTA枠に表示されるので、読者が「おお、これはチェックしなきゃ」と思うタイトルをつける必要がありますね。

 

 

Background Color

CTAの背景色を指定できます。

 

 

Message Text

CTAの本文、多くの場合はメリットなどを列記したりしますね。

 

 

Content Text Color

CTA本文の文字色を指定できます。

 

 

Button Background Color

リンクボタンの背景色を指定できます。

 

 

Button Text Color

リンクボタンの文字色を指定できます。

 

 

Button Link

ボタンを押した際に飛ぶリンク先のURLを記入します。

 

 

Button Text

ボタンに表示する文字を記入します。
ただ「クリックする」だけでは寂しいので、真剣に悩んでください(笑

 

Show Button?

ボタンの表示/非表示を選択できます。
行動喚起は何もクリックするだけが促すべき行動じゃないですよね?

 

 

Advanced Call To Action Option

CTA Settings

Open Links

リンクボタンをクリックした際に、そのまま開くか新しいタブで開くかを指定できます。

 

 

Custom CSS/Custom JS

このCTAにのみ適用されるCSSやJavascriptを記入する事が出来ます。

 

 

CTA使用方法

投稿記事作成画面の下部に「Insert Call to Action Template Info Content」が追加されています。

hakouma

 

「Call to Action Template」の枠をクリックすると、作成したCTAを選択できます。

hakouma

 

「Placement on Page」で表示位置を指定できます。

 

また、ウィジェットとして追加する事も出来ます。

hakouma

 

他にもショートコードとして呼び出す事も出来ます。
どこまで高機能なんだ!!

 

 

スプリットテスト機能付き

CTAを複数パターン作って、閲覧数とコンバージョン数を出しコンバージョン率を自動で計測してくれます。
スプリットテストや、A/Bテストと呼ばれるウェブマーケティングでは必須の機能を標準搭載。

hakouma

 

  • タイトル文字を変える
  • 画像を変える
  • 背景を変える
  • リンクボタンの文言を変える
  • 色を変える
  • 本文を変える
  • などなど…

たくさんテストしてクリック率を上げることが出来ます。
本格派マーケティングツールですね。

 

 

コメントを残す