リンク切れを自動チェックするプラグイン、Broken Link Checker

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

アフィリエイトで気が付いたらリンクが切れてた…
よくありますね。

 

ASPから「この案件終了しますよ」といったメールが届きはしますが、いざ修正やリンク貼り換えしようにも、どの記事に書いたか全然覚えていない…

 

しかも記事数が500とかあったら、そもそも探そうって気すら起こりません。

 

どうも、さっとです。

 

今回は自動でリンク切れを探してくれるプラグインのお話です。

 

 

「Broken Link Checker」とは

WordPressブログを運営していると、貼ったリンクURLが何らかの原因でエラーとなりリンク切れを起こすことがあります。

「Not Found For ◯◯」

しかもGoogleアナリティクスでも、ご丁寧に「リンク先が見つかりません」とグラフに表してくれます。

 

こういうリンク切れが増えると、読者も読み心地が良くないし、せっかくアクセスしたのにお探しのページが無いとがっかり…
ユーザビリティの向上のためにも常にリンク切れには注意しておきたいところです。

 

また、便利だからという理由で、リダイレクトを多用している人もいると思います。
ページ速度を向上するという観点から、なるべくリダイレクトをしないことが推奨されています。

 

リンク切れやリダイレクト一個ずつ目視で探すのは至難の業です。

 

リンク切れやリダイレクトを自動で検知してお知らせしてくれるWordPressプラグインが「Broken Link Checker」となります。
最近のWordpress界隈では必須プラグインの呼び声も高いですね。

 

 

「Broken Link Checker」のインストール

管理画面から「プラグイン→新規追加」と進んで、「Broken Link Checker」を検索してインストールして下さい。

hakouma

インストールしたら、「プラグイン→インストール済みプラグイン」よりBroken Link Checkerを有効化するのを忘れずに行う必要があります。

 

WordPressのバージョンによっては、インストール後に有効化をするしないを選択できることもあります。

 

 

「Broken Link Checker」の使い方

ダッシュボードのメニューから「ツール→リンクエラー」を選択します。

hakouma

 

すると、リンクエラーとリダイレクトを計測して表示してくれます。
自分で貼った覚えのないリンクだと思ったら、コメントからのリンクだった様で…
また、ブログの構成を大きく変更した際の残骸も多少あるみたいです。

hakouma

 

見つかったリンクは適時修正していけばいいですね。

 

 

リンクエラーが見つかった…だけじない

リンクエラーを見つけることが出来、「ああよかったね」で終わらないのが、このプラグインの核心ですね。

 

Broken Link Checkerの真骨頂はブログ内の全てのリンクを把握できることです。

 

例えば、内部リダイレクトなどは、素直に目的の記事にリンクを貼った方が良いですし、リンクエラーもこの画面上から編集する事が出来ます。

 

hakouma

一括操作も充実しているので、編集が楽になりますね?

 

 

 

0 Comments

  1. さっと塾塾長のさっと様

    はじめまして!

    リンク切れを自動で感知してくれる
    プラグインがあるのですね
    初めて知りました。

    プラグイン事態
    あまり詳しくないですが

    記事を参考に
    プラグインンを入れています。
    でも、あまり沢山のプラグインを入れると
    パソコンの動作環境が悪くなるような
    気がするのですが?

    色んなプラグインの紹介をしているのを見ると
    あれもいれたい、これも入れたいとおもてしまします。
    心配は動作環境が心配です。

    これからも記事楽しみにしています。

    応援して帰ります。

    1. まゆりんさん、はじめまして。
       
      プラグインを爆盛りにすると、PCへの影響(自宅PCをインターネットに公開している場合は除きます)は基本的にありません。
      サーバー側で処理をした結果をインターネットを介して表示しているので。
       
      しかし、あまりに入れ過ぎると、
       
       ・サーバーのメモリ容量を圧迫する
       ・不具合が生じた時に、どれが原因か特定しにくい
       ・取って貼った機能なので、詳細を把握できない
       ・プラグイン同士の相性が悪い例もある
       ・皆がおすすめと言っているけど、実は必要ないものもある
       
      軽く考えて、上記のような問題が発生する可能性がありますね。
       
      Webデザイナがそういった場合にどうするか…
      …コメ欄じゃ長くなりそうなので、機会を見つけて記事にしますね。

    1. 福山さん、こんにちは。
       
      顔が見えないからこそ、礼を尽くす必要があると思います。
      それに、やっておけば、Googleアナリティクスで気になるメッセージを読まずに済むので、
      精神衛生上よろしいですね。

コメントを残す