SEO、キーワードって言うけど、どれくらい大切?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

WEBサイトのアクセス数を安定的に右肩上がりに増やしていくためには、検索上位に入る記事をいかに量産できるかが大事です。

 

まあそうですよね。
検索エンジンにインデックス(登録)されるというのは、最低限必要ですし、検索上位に入らないとアクセスの増加は見込めません。

 

どうも、さっとです。

 

よく巷で「SEOをやり過ぎるといけない」「〇〇はSEOに強い」なんて言われますが、結局何がどう良いのかわからないのが真実です。
なぜなら、そんなものはGoogleの中の評価基準で、外部に「〇〇をすると良いよ」とは、多くの場合語られません。

 

今回は、そういったSEOやキーワードが、あなたに何をしてくれるのかというお話です。

 

 

最初にSEOの基準は非公開である事を留意しておこう

GoogleはSEOという物を非常に嫌っています。
それは検索順位を不当に操作して、ユーザーの利便性を損なうばかりか、悪意のあるページに誘導する事が出来る事が可能となるからです。

 

そのため、SEOについて「これはSEO的にどの様に良いよ」といった評価基準をGoogleが明確に打ち出す事はしません。
「〇〇は好ましいね」「〇〇しているブログはインデックスから削除されるかもしれない」といった、ぼやかした表現を非常によく使います。

 

具体的にいった事と言えば、「Wordpressはいいね」くらいですかね?

 

どの要素がどのように評価を加減して、どのように検索順位に影響があるかというのは、Google以外は誰一人として断定的に言えない状態なんですよ。

 

考えてもみてください。

 

WordPressテンプレートをSEOに強いものに変えたくらいで、検索圏外から一位へ持ってくるなんて効果はありません。
もし、仮にそんな動きがあったとしても、他の要素で検索順位が大きく動いたと考えるのが妥当です。

 

それに、いくらテンプレートがSEOに強い正しい構文で書かれていたとしても、記事の中でデタラメにHTMLを使っていたら、ブログとしての評価は下がります。

 

…実際、Wordpressテーマで評価される部分と言えば、ざっくり言えば内部SEOといった、たったの一機軸にすぎない訳ですから。

 

また「被リンクの数なんてのは考慮してない、質だ質」と言われてますが、それでも少しは影響があるみたいですし。
正確な事は誰も見えてない、統計学的に「たぶん、そうじゃね?」くらいの予想の域を出てない話。

 

それがSEOなのです。

 

そういったブラックボックスを外側から真剣に考えてる時間があったら、他の事が出来ます。
実際Googleも「Wordpressいいね」意外に明確に言っている事は「ユーザーに価値のある良質なコンテンツを作れ」と言っている訳ですし。

 

 

なぜキーワードを選んで記事を書かないといけないのか

 

何故かと言われたら、そりゃ検索上位を目指すためです。
あなたが記事を管理しやすいようにするためではありません。

 

逆を言うと、キーワードを意識した記事が書けない、コンテンツが作れないと、検索から人は来てくれません。

 

あなたも検索をしたことがあると思いますが、基本的に検索するときって、自分が調べたい事に関係するキーワードを入力しますよね?

 

だから、検索されるキーワードを使って記事を書く訳です。

 

検索キーワードは、ある種の質問とも言えます。

 

その質問に対する答えが、記事であったり、コンテンツであったりする訳ですね。

 

現在のGoogle評価の傾向として、検索ユーザーを第一に考えた記事制作こそが最高のSEOと言えます。

 

  1. キーワード選定
  2. 競合調査(リサーチ)
  3. 記事制作

の手順で行えば問題ないですね。

 

また、ネタが被った時に上記の方法で競合を避ける事も出来ます。
だからネタが被っても、あなたは記事を書く手を止める必要がないんです。

 

 

どうしても取りたいキーワードがある

狙いたいキーワードがあれば、今検索上位にあるコンテンツよりも優っている記事を書く他方法はありません。

 

これが現在のコンテンツ重視のSEOの根底にある考え方です。
だからこそ変にSEOを意識している暇があったら、ライティングを学んだ方が有益という見解が示される訳です。

 

今回は、そういったSEOやキーワードが、あなたに何をしてくれるのかというお話でしたが、良質なコンテンツを作る参考になってくるもであると言えます。

 

 

0 Comments

コメントを残す