特化型ブログから成果が出ない時に気にすべき点

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

趣味ブログなど、特化型ブログを作ったのに、成果が出ない…
良くある話ですね。

 

趣味など特化している時点で、アクセスは濃いはずなのに、どうしてか成果にむずびつかない…
毎日更新していて、アクセス数もかなりの数字なのに…

 

たまに「まぐれ当たり」っぽいのがチラホラ…

 

これではモチベーションを維持するのも難しくなりますし、何のために更新しているのか解りません。

 

どうも、さっとです。

 

今回は、特化型ブログから成果が出ない時にチェックするポイントのお話です。

 

 

ジャンルとしては特化してるんだけど、方向性がバラバラ

これは特化型ブログ特有の勘違いから、よく起こります。

 

例えば「車」に特化したブログを運営していたとします。
「車」という共通言語で読者が集まってくる、だからターゲットも当然絞れているという勘違いですね。

 

つまり「ジャンルとして特化した事で、その流れでターゲット選定が甘くなっている」とも言えます。

 

実際、一口に車と言っても、

  • スポーツカー、ミニバン、セダンなどの形状による違い
  • 最新車種、ヒストリックカーなどの新旧の違い
  • 日本車、輸入車というメーカー・生産国の違い
  • 消防車など特装車、レーシングカー、族車、普段使いなどの用途による違い

多種多様ありますし、同じスポーツカーでも「改造しまくり自慢」「出来る限りオリジナルを維持」と方向性が真逆の考え方をしている人が居たりもします。

 

そんな状態のブログで効果のありそうな広告と言えば、「車検」「保険」「売価見積」くらいですね。
…車ジャンル三大広告、しかも高額案件なので馬鹿には出来ませんが。

 

まあ、そんな三大広告を貼っても、クリックされる前に「コンテンツが、自分の思ってたんと違う」と離脱される方が先ですね。

 

「車」を共通言語として集まる人を、さらにターゲットを絞って明確にすれば、他のものも売れそうです。

 

長々と車を例に書いてきましたが、成果の出ない要因として、いろいろな人に売ろうとしているという事です。
良さげな商品を見つけてきては、片っ端から全部販売してしまっている感じですね。

 

しっかり、誰に何を売るのかを見極めなければ、商品は売れないんですよね。

 

 

最近テレビがつまらなくなったという話

昔は暴力的とかそういう番組は親の方でフィルタリングして子供に見せないようにしていました。
昨今は、少しでも暴力的表現などがあると「子供に悪影響だ!」といった具合に、親の方でフィルタリングせずに、とりあえずクレームをつける方が増えたそうです。

 

その結果、ターゲットを絞って番組(コンテンツ)を作った方が面白い事は明白なのに、全年齢対応して、当たり障りのない番組を作らざるを得ない状況だそうです。

 

そうなると、番組の合間の広告は幅広い層に向けたものとなってきます。

 

時間帯や番組のジャンルによって、ある程度のターゲット層というものは定義されていますが、ブログ・サイト・YouTubeといったネットの媒体の様に、ドンピシャな的の真ん中を射抜く広告を打つのは難しいですね。

 

その結果、最近の「テレビはつまらなくなった」という所に落ち着いたのではないでしょうか?
しかもターゲットが絞れていないから、減収となったり、スポンサーも広告枠ではなく、番組枠を買い取って通販番組をやったり…

 

 

 

テレビ局と同じような苦しい戦いをする必要はない

話を特化型ブログに戻しますが、特化したのに成果が出ないというブログは、先ほど例にあげたテレビのような状態になっているのです。
苦戦を強いられているテレビ局のような戦いを敢えてする必要はありません。

 

せっかくあなたの意志で好きなようにターゲットを選べるので、その点を見直すと良いですね。

 

そうすれば、どんな記事を増やすべきか、どんなキーワードが最適か、どう展開すればいいかが、全部見えてきます。

 

 

0 Comments

  1. こんばんは!
    例えが的確ですね^^
    確かに当たり障りのない記事は
    つまらないものになりがちなので
    書く際に気を付けなければいけませんね^^

    また寄らせて頂きます!

    1. さゆこさん、こんばんは。
       
      ターゲットの枠を広げるほど、記事は当たり障りないものになりますね。
      逆に絞り込み過ぎると、賛否両論の反応が返ってきます。
      多くの人は、出来る事なら批判的な意見はほしくありません。
      テレビだって同じことが言えるんじゃないかと。
      そういった意識も絞り込みを甘くしてしまう要因なのかもしれませんね?
       

コメントを残す