成功を目指すなら、グループ活動が最速な理由

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

成功するのに大事なのは?

  • 鉄板と言われる実績がある有名教材
  • わからない事を質問出来て解決できる環境
  • 考え込むより手を動かして実践する事

 

どれも重要と言われている事ですね。

 

「答えはどれも大切…というか全部って言いたいんでしょ?」
「記事のタイトルからしてグループ活動だ(ドヤァ)でしょ?」

って声が聞こえてきそうですね。

 

ええ、そうですとも!!
どうも、さっとです。

 

あなたを成功へ導くものは、そういった鉄板ノウハウや環境ですが、じゃあなんでそれが大切かを説明できますか?

 

今日は最速の成功を目指すならばグループ活動が最適な理由をお話しします。

 

まず何をすれば失敗するか

一般的に成功の対義語は失敗です。
じゃあ、失敗則を知っていて、それをやらなければ失敗は避ける事が出来ますね?

 

多いですか?
まだもっとありますよ。

 

しかし全部を意識して作業を行うのは、場合によってはあなた自身が持っている能力をスポイルしてしまう可能性があります。

 

意識せずに出来るようになる必要があります。
…と言っても、いきなりじゃ難しいですね。

 

 

成功するためには

失敗する要因は沢山ありますが、成功するために必要なものは少ないですよ。

  • 高いモチベーションを維持する
  • 失敗を別の視点から見られる
  • 好きである
  • 目標が明確である

以上です。

 

高いモチベーションを維持できれば、数ある作業も成功に向けての過程である事を知る事が出来ますし、何より自ら楽しんで行えます。

 

失敗を別の視点から見る事が出来れば、自分の中に客観的な視点が生まれ、調査能力や分析力が養われます。

 

「好きこそものの~」と言う通り、好きであれば最初は時間がかかっていた作業も、スピードアップできますし、取り組もうとする時間も自然と増えます。

 

目標が明確であれば、ゴールが見え、そこに到達するための通過点が見えてきます。

 

数こそ少ないですが、初心者にとっては、これらを意識するのは難しい事があります。
そこで、人の目効果やいつでもレクチャーを受ける事が出来る環境に身をおいた方が、成功が早く体得しやすい事は言うまでもありません。

 

そこで、さっと塾を開講しています。

 

さっと塾に参加する

 

0 Comments

  1. こんばんは!
    トシです。
    この記事を読んで少し嬉しくなりました。
    成功するための4つのポイントの内、なんとか3つはかすっているかな…と思えたからです。最も今の現状では失敗則に当てはまるものが多すぎですが…
    でも、さっとさんの記事で何が課題か、少ないながらも今の自分のリソースが何かを再確認させていただきました。ありがとうございます!

    さっと塾の入塾の条件は何でしょうか?

    1. トシさんこんばんは。
       
      後は失敗則をつぶしていくだけですね。
      これも成功則を意識していれば、自然となくなっていくものばかりです。
       
      さっと塾入塾の条件は、iesを持っている、
      おそらくはラブライクに参加されているので要件は満たしていると思います。

  2. 現在さやっち塾に所属しています。9月一杯までです。
    さっと塾への入塾のタイミングはどうなりますでしょうか?

    今の塾はとても居心地がよく、このままさやっち塾をもう一回できるなら継続しようか、それともライティングスキル向上のためにさっとさんにご指導していただこうかを考えています。

    1. トシさんが今後、どのようなスキルを身につけたいか、どのような方向性で伸ばしたいかによりますね。
      ただ、ベースとなっている考えはiesのカリキュラムにそったものとなるので、大きな違いはないと考えます。
      9月分は締め切られましたので、10月活動開始からの募集に参加できますよ。

  3. haji初めまして!tonaiと申します。現在ラブライクで勉強し始めたものです。成功する4っのポイントを意識し脳に染みとおるまでの続けていきたいと思います。

  4. こんにちは!ランキングから来ました。
    18位おめでとうございます。
    塾を開講しましたね。
    さっとさんならば、成功すると思います。
    頑張ってくださいね。
    応援させていただきます。

    1. 実はホットスタンバイしてたんで、予想では初登場10位前後を視野に入れていたのですが、ちょっとミスってしまいました、ええ。
      応援ありがとうございます。

コメントを残す