お金儲けは正義だ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

よく商材のレターなんかで、高級外車や札束、南国のリゾートなどの写真が掲載されて、「成功したらこのような事も出来ます」とイメージしやすいようになっています。

 

まあ、最近では趣味が悪いと、軽く避けられる傾向にありますが…個人の趣味ですから、とやかく言いませんよ。
「札束や高級外車の画像のある商材は詐欺」といった何を根拠にしているのかわからない噂まで流れています。

 

そういうのって、お金儲けに関してネガティブな印象を抱いているからじゃない?

 

どうも、さっとです。

 

日本は資本主義の国ですが、そうなると当然、お金儲けは正義であると言えます。
確かに現在はその流れが顕著で、資本を持った企業が国に圧力をかけて、自社に有利な法律や規制緩和を捻じ込んでいる状況ですから、金持ち=悪というイメージは強めですかね?

 

昔のマンガにありがちな悪いお金持ちキャラみたいな…
それを地で行っている人が増えたんですかね?

 

さて、今回はお金儲けこそ善であるというお話です。

 

 

お金儲けの何が悪い

短期間でお金持ちになると

「なんか悪い事をしてるんじゃ」
「宝くじでも当たった?」

といった、あまりいい印象を抱かれません。
根底には、お金儲け=悪という意識があるように思います。

 

本業以外にも副業をやっている人に

「金儲けばかりして」
「そんな事出来るなら、本業をもっと頑張れよ」

なんかも似たような感じですね。

 

でも、実際は本業を頑張った所で、収入の増加は微々たるものですよね?
企業には賃金テーブルというものがあって、年齢やスキル・役職に応じた賃金があらかじめ設定されている事が多いです。

 

頑張って本業で成果を出しても、賃金テーブルのランクが数個上がる程度で、金額にして数千円程度です。

 

正直、本業で収入を倍増させるには昇格する必要がありますが、「今、あのポストは空きがない」とか良く聞かれます。
すなわち、何の遠慮か知りませんが、成果が出ている新進気鋭よりも現在そのポストに就いている人を優遇する傾向にあり、「あの人が上にいるから、あなたが成果を出せた」くらいの事を言われるはずです。

 

…実際は、電話とファックスがあればその上役が居なくても仕事が回るんですけどね。

 

また、企業は副業をやっている人にいい顔はしません。
職業選択の自由を大きく侵害していますが、その話はまた別の機会に…

 

一部上場企業で10年頑張って、年収が100~200万円上乗せされましたが、正直本業をそこそこに頑張って、副業をやった方が金額的には多く手にする事が出来ますし、1年目からでも出来ます。

 

この様に、世の中は自分以外の誰かが稼ぐことに良い印象を抱きません。
それは誰かが稼いでも自分にメリットがないからですね。

 

そんな状況で、いったいどんな夢が見れるでしょう?

 

文句を言いたい人も多いとは思います。
しかし、収入の柱を企業や他人に押さえられている限り、強く打って出る事はできません。
まあだから企業は好き勝手出来るんですけどね。

 

逆を言えば、国民ひとりひとりが複数の収入の柱を持っていれば、舐めた事をしている企業には人があつまりません。
世の中を明るくするためには、あなたが複数の収入の柱を持ち、またほかの人にも収入の柱を建てる手助けをする事が根本的な解決となる事は明白ですね。

 

 

いつかはクラウン、いつかはマイホーム

かつて、いつかはクラウン(レクサスブランドがある今では、新卒でも乗ってる車ですが)いつかはマイホームといった事を夢見て頑張っていた時代がありました。
それは成功を良しとする風潮があったからですね。

 

それはモノがなかった時代でったからこそとも言えます。

 

今はある程度のものは出そろい、成功者とそうでない人とに分かれた状態です。
成功者からすれば、他の成功者が出てくる=地位を追われる危機となり、またあの苦労と努力の日々を過ごさなければ…といった印象を抱きやすいです。

 

それならば、成功者が出ないようにすれば地位を揺るがす事は発生しないのでは?
…といった事を基盤としているのが現在の社会ではないでしょうか?

 

だからこそ「金儲け=悪」というイメージを流布する事は、非常に都合がよいとも言えます。

 

しかし国レベルで見れば、それは今ある資産で回し打ちをしている状況で、成功者は資産を目減りさせている事に気が付いていないのが痛いですね。
実際、経済大国とやらは中国に抜かれましたし。

 

夢を語る事・成功を目指す事を良しとする風潮に身を置かなければ、成功者になる事は難しいとも言えます。

 

 

さっと塾は夢の達成を念頭に置いた塾であるため、夢を語る事を良しとし、それを目指す環境であると言えます。

 

さっと塾に参加する

 

コメントを残す