短縮URLや簡易クリック解析が出来るプラグインPretty Link Lite

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

記事内にアフィリエイトタグをリンクした場合、「ASPのドメイン/商品ID/アフィリエイターID」みたいな形でステータスバーに表示されます。

 

稀にこのURLを見て「おっと、アフィリエイトタグだ」と避ける方がいます。

 

そういった場合に短縮URLを利用すると、すんなり読み進めてくれたりします。

 

どうも、さっとです。

 

正直、情報商材アフィリエイトのブログに来て、そういった行動をとる人は、何を本気で避けたいのか疑問が残りますが、そこも配慮です。
しかし、短縮URLを作成するのに、他のサイトを使ったり、新たにツールを動かすのもスマートとは言えません。

 

今回は、Wordpress上で短縮URLを作成するプラグインのお話です。

 

 

「Pretty Link Lite」とは?

WordPress上で短縮URLを作成するプラグインとなります。

 

単に短縮URLを作成できるだけなら、別に紹介に値しませんが、「Pretty Link Lite」はそれだけに終始しません。

  • クリック解析機能
  • リダイレクト形式の変更
  • 短縮URLを任意で変更
  • グループ管理が可能
  • nofollowリンクにする機能

といった、「使いたい!」と思う機能がたくさん搭載された優れものなんんですよ。
「Lite」とあるように、有料版の機能制限バージョンらしいのですが、Lite版に搭載されている機能で上に挙げ機能をすべて使うことができるため、有料版の存在を忘れるくらいです。

 

また、短縮URLで重要なリダイレクトによる転送なので、CGIやPHPで強引に飛ばしているツールとはワケが違いますね。

 

 

「Pretty Link Lite」のインストール

管理画面から「プラグイン→新規追加」と進んで、「Pretty Link Lite」を検索してインストールして下さい。

hakouma

インストールしたら、「プラグイン→インストール済みプラグイン」より「Pretty Link Liteを」有効化するのを忘れずに行う必要があります。

 

WordPressのバージョンによっては、インストール後に有効化をするしないを選択できることもあります。

 

 

「Pretty Link Lite」の設定

WordPressのパーマリンク設定がデフォルト(example.com/?p=****)のままだと、このプラグインが機能しないので、パーマリンクを設定する必要があります。

 

必ず、デフォルト以外の形式に変更しておいてくださいね。
SEO的にもその方が良いという見解もありますし。

 

インストールして、そのままでも使えますが、より詳しく設定する事で、痒い所に手が届くようになります。
ダッシュボードのメニューに「☆Pretty Link」が追加されるので、そこから「Options」を選択すると、詳細設定が出来ます。

hakouma

 

Link OptionsReporting Optionsを設定する事が出来ます。
その下にはクリック解析をリセットする項目がありますが、普段使いでは気にする必要はありません。
データベースのクリーンアップ時に触る程度ですかね?

 

まずは、Link Optionsを設定してクリックされた時の挙動を設定します。

hakouma

 

Track Link

トラッキングを有効にしてクリック統計を使うかどうかを選択出来ます。
ここのチェックを外したら、このプラグインの機能半減ですね、オンのままでOKです。

 

Add nofollow to Link

リンクにnofollow機能を付加するかどうかの設定です。
アフィリタグなどの場合は、SEO的にはONがいいですね。

 

Use a prefix from your Permalink structure in your Pretty Links

WordPressに設定されているパーマリンクを継承するかどうかの設定です。
特にOFFのままでも問題ありません。

 

Default Link Redirection Type

リダイレクトの種類を設定します。
307のままで問題ありません。

WordPress Redirection Action

リダイレクトの処理方式の設定ですが、そのままでOKです。

 

 

次にReporting Optionsの設定になりますが、検索エンジンのロボットなどを指定して、クリック解析の精度を上げたい時に使用します。

hakouma

 

Excluded IP Addresses

除外するIPアドレスを登録することが可能です。
例えばBroken Link Checkerなどのプラグインを使用していると、チェックプログラムが無尽蔵にクリックしてくれるので、レンタルサーバーのIPアドレスを登録したりします。

 

後は自分でクリックして喜んでる人は少ないと思いますが、そういった方は自分のプロバイダのIPを指定しておくのもいいかもしれません。

 

Filter Robots

検索エンジンのロボットのIPを指定して、純粋な人によるクリック数を知りたい場合に利用します。

 

Tracking Style

クリック統計の表示パネルを変更出来ます。

 

 

設定が終わったら、Options Updateを押して保存します。

 

 

短縮URLの作成

では、短縮URLを作成してみます。「Pretty Link→Add New Link」を選択します。

hakouma

 

Redirection Type

「設定」で指定したため、作成時に触る必要はありません。
301は引越などの永久リンクを表しますので、サイト評価も移動の対象になります。

 

Target URL

転送したいURLを記載します。
アフィリエイトタグなんかをここに書く訳ですね。

 

Pretty Link

実際の短縮URLに使われる文字列を設定できます。
ランダムで生成されますが、任意で作成することも可能です。

 

Title

管理用の名前(閲覧者には見えません)です。
管理しやすい名前を付けてください。

 

Group

短縮URLをグループ管理できます。
「Add New Group」にグループ名を付けてエンターキーを押すと、登録できます。

 

また既存にグループを設定している場合は、リストから選ぶことが出来ます。

 

SEO Options

Nofollowリンクの設定を行います。
アフィリエイトタグの場合はnofollowで良いため、「設定」で指定してある場合は特に触る必要がないですね。

 

Parameter Forwarding

こちらは短縮URLに変数を付加した際に、転送先にもその変数を継承するかの設定です。
わざわざこういうのをするのが面倒だから短縮URLを作るのであって、普通に使う人は触れる機会がないと思います。

 

Tracking Options

「設定」でチェックをいれた場合は、特に気にする必要がありませんが、ここのチェックを外すと、クリック解析がおこなわれません。

 

 

設定が終わったら、「create」ボタンを押して登録完了です。

 

 

Pretty Linkの使い方

「☆Pretty Link」を選択すると一覧画面が表示されるので、グレー枠で表示された使いたい短縮URL下側にあるクリップボードボタンを押して、記事内やメルマガなどにペーストすると使うことが出来ます。

hakouma

 

まれに環境によって、クリップボードボタンがうまく動作しない場合は、グレー枠をクリックすると、短縮URL反転して選択状態になるのでコピーすると良いですね。

 

またクリック解析を見たい場合は登録したURLの「Hits/Uniq」の数字をクリックするとみる事が出来ます。

hakouma

 

 

短縮URLの注意点

基本的にサイト移転やそういった時にリダイレクトが使われるため、積極的に短縮URLを使用…
例えば、ブログの全部のURLが短縮URLなどだと、検索エンジンから「このブログは何をやっているんだ」と思われ、ペナルティを受ける可能性が高いです。

 

ご利用は計画的にってヤツですね。

 

 

コメントを残す