仕事は人を幸せにするためにある

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

仕事は、生活するための食い扶持といった認識の方が多いと思います。
収入を得ない事には、日々の生活をおくる事すらままなりませんから、当然ですね。

 

しかし、「お金を得る手段」という認識だけだったら、ぶっちゃけ何しても金さえ掴めればOKといった事になります。

 

そういった流れが広がりを見せている昨今だからこそ、

悪徳業者
スマホを数回ポチポチするだけで
悪徳連鎖講
このシステムでダウンを増やせば
悪徳アフィリエイター
システムを設置してほったらかしで

といった、「稼げさえすればOK」という人をターゲットに、怪しげなのが甘い言葉で罠に嵌めようと迫ってきます。

 

どうも、さっとです。

 

アフィリエイトに限らず、仕事というものは、その働きによって、人々に幸福であったり安心・安全を与えるものです。
その対価として、お金をいただくという流れになります。

 

これは普遍的な原則であると言えます。

 

今回は、何に着目してアフィリエイトをやっていけば良いかというお話です。

 

 

人生において、仕事とはなんたるか

多くの方は「稼ぎたいです」といってアフィリエイトを始めます。
「稼ぎたい」と一口に言っても、それは

  • 稼いで自分が〇〇になりたい、したい
  • 稼いで家族に〇〇したい
  • 稼いで会社を作りたい

という理由が多いですね。

 

これらは、自分または自分の周辺の人が利益を享受したいという願望です。
「会社を~」というのも、設立した会社で、社会にどのような貢献をするかまで考えてないうちは、「俺、プレジだからスゲェだろ」といった、自慢の種になるくらいの話ですよね?

 

…と言うと、「夢を見る=悪」みたいに聞こえますが、そうじゃない。
取っ掛かりとして、これら願望は非常に重要です。

 

冒頭でも述べたように、仕事と言うものは「人を幸せにする為にあって、その対価としてお金をいただく」ものです。
すなわち、相手を幸せにして、はじめて自分も幸せになるといった趣旨のものです。

 

この時に、相手の幸せを考えず、自分の利益のみを追求した形をとると、どうなるでしょう?

 

相手の事はさておき、自分の利益を優先させるという事は、お金だけ追い求めている状態と言えます。
もちろんお金だけ追い求めても、お金がついてくることはあります。

 

残念な事に、それは楽しくないんですよね。
最初のうちは、雪だるま式に増える通帳の残高に胸躍らせるかもしれませんが、所詮は数字なんですよね。

 

しかも、汗かいて稼いだ金ではないので、そんな仕事自体もどこか無味乾燥な印象を抱きはじめます。

 

世間では、学校で勉強して一流大学を出て、安定した会社に長く勤めるのが正しい生き方だといった風潮がありますが、果たしてそうでしょうか?

 

人生において、仕事とはなんたるか。

 

その意味を考えないまま、漠然と過ごすと、仕事がお金を稼ぐだけの手段に成り下がってしまいます。
そうなると、いかに楽して効率よくお金を稼ぐかという思想しか残りません。

 

そういったお金を稼ぐだけの手段という認識の人が、会社の上部に昇るとどうなるでしょう?
如何に安い賃金で人をこき使うかが興味の対象となります。

 

ブラック企業の誕生ですね。

 

こういうと、「昔は夜も寝ずに働いた、今の若いのは…」と武勇伝を語ってくるオッサンがいますが、三時間未満の睡眠時間しか取れない人は、今年が過去最高に多かったというのが事実です。

 

この様に、他人に幸せを与えるどころか、不幸を押し付けて、さらに搾取までしようという状態になります。

 

これ以上の効率の良いお金儲けはありません。
だから「アフィリエイトは怪しい」とかネガティブキャンペーンをしたり、副業規定で会社外の活動まで制限をかけてくる訳です。

 

少し話が逸れ気味ですね。

 

自分の利益のみを追求して、相手の幸せを考えないでアフィリエイトを行えば、いかに楽して効率よくお金を稼ぐかに着目する機会が増えます。

 

悪徳な無料オファーなんかは、そういう人を巧みに取り込むような罠を仕掛けてきます。

 

 

あなたの幸せが私の幸せに

取っ掛かりとして自分の願望は重要ですが、アフィリエイトで実際に作業を始めてからは

さっと
今日はどんな話でみんなを喜ばせようか?

といった、「どうすれば、相手が喜ぶか、幸せになるか」に着目して取り組むのが最良であると考えます。

 

ノマディを実践しているのに、思うように成果が上がらないという人の多くに、

稼げない実践者
FB交流とかコメント周りとか、面倒じゃない。
どんなメリットがあるんだい?

といった事をこぼす方がいます。

 

ぶっちゃけ面倒ですし、交流する人数が増えれば状況が把握しにくい場面だってあります。

 

しかし、人と交流する事によって、

  • ニーズの発掘
  • 深く交流する事で得られる共感
  • 自分にはない、新たな視点の発見
  • 等々…

交流の仕方によって、得られるメリットの種類も数も変わってきますね?

 

アフィリエイトを一つの仕事として収入を得ようと考えるのであれば、欲しい情報ばかりであると言えます。
人を知らないと、人に対して働きかける方法を考えるのは困難です。

 

また、直接交流する人を喜ばせる事ができないという事は、ブログなど不特定多数に対して待ちの状態である媒体で読者を喜ばせるのは、かなり難しいと言えます。

 

ノマディでステージ0など、交流に苦手意識がある人は、「何でこんな作業を…」と苦手意識をあらわにせず、「わざわざステージを設けてまで書いてあるから意味があるはず。その真意はなんだろう?」と考えながら作業してみると良いかもしれません。

 

 

そうすれば、ただ漠然と数をこなすだけという事もなくなり、質の高い交流も出来るようになるはずです。

 

 

仕事とは「どうすれば、相手が喜ぶか、幸せになるか」で、それを受けての交流とは何を意味するのか?
その答えを探ってみてください。

 

6 Comments

  1. さっとさん。en。と申します。
     
    さっとさんの記事は言葉が的確でストレートで…。
    でも、ちょっと変化球もあって。
    読んでいてとても勉強になります。
    確かに様々なサイトを見ているとネガティブイメージを抱く事、
    感じる事があります…。
    自分にはそんなつもりがなくても、
    読み返してみて、
    そんなオーラーを発していないか…
    そんな表現方法をしていないか…
    振り返ってみたいと思います。
    ありがとうございました。

    1. en。さんようこそ。
       
      根本に「如何にすれば相手が喜ぶか」を据えていたら、変なものを掴んだり一方的な売り込みはしなくなると考えてます。
      「仕事=金儲けを根本に据えても、成果をあげるためには、感謝される方法を考えるようになる」という意見もありますが、それはあり得ないと考えています。
      意識して「喜ばそう」としない限り、金儲けだけを軸に置いた状態だと、どんどん搾取する方法ばかりを考えるようになります。
       
      それは、ブラック企業なるものが乱立している昨今が証明しています。
      社員というものは巡り巡って顧客になりうる存在である事を認識していたら、ブラックな待遇はしないですよね?
       

  2. さっとさん、こんにちは。

    誰でも簡単とか、1日5分で、設置するだけ…etc
    本当にこんなのばかり。

    キャッシュポイントも分からなければ、何を媒体にするかも分からないのに、金出しちゃうんですよね。

    本当なら、日本全国 お金持ちだらけです。

    こういうの以外にも、サポートが全く出来てないとか、途中で連絡が付かなくなるとかも多いです。

    私も、「稼ぎたい!」が元ですが、ちゃんと勉強したくてBMTSの申し込みをしました。

    ネットを使うだけで、ビジネスですから必要なスキルは勉強しないと。

    誰だか忘れてしまいましたが、「私が稼げる様になったきっかけは、とあるセミナーへ行った時に隣に座った方との交流から~」私はこんな記事を読んで気付きが有り、iBSAに入りました。

    交流する事で多くの情報が手に入るというイメージが持ててない人達が多いんですよね。

    1. ぼっちさん、こんにちは。
       
      そもそも人を知らない事には、たとえ良いものでもどう紹介すればいいのかが解りません。
      じゃあ、どうすれば良いのかを考えれば、人を知れば良いだけですね。
       
      人を知るとなると、交流するのが確実という話になります。
      黙って待っていて「私はこういう人ですよ」と向こうから教えてくれる事は稀ですね。
       
      iBSA関連のものの多くが交流に時間をかける意味は、そのためだと考えます。

  3. 稼ぐことだけに必死になっていて、なぜ稼ぐのか、そんな大切なことを忘れている自分を発見しました。自分だけではなく周りをも幸せにする、これを忘れてはいけないと思いました。

    1. torikoさん、こんにちは。
       
      自分さえ稼げればいいという人が多かったため、アフィリエイトに良い印象を抱かない方も多く居られます。
      また、そういった方が作った教材を実践しても、稼ぎが一過性であったり、永続的に稼ぐのは難しいですね。
       
      ノマディで教科書とされているiesは根本に人と関わる事を据えているため、常に「如何にすれば周りを幸せにできるか」を意識して作業にいどめますね。

さっと にコメントする コメントをキャンセル