株式会社PROCEEDのBMTSprogramは評判いいよね?何で?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

一般的にビジネス心理術講座といえば、何だか敷居が高い感じがしますね。
日本では会社の要人や偉い先生方が受講するイメージが強いといった印象です。

 

これは会社の行く末を云々する心理戦を有利に進めるために、上級職になって初めて会社が費用を負担して学ぶといった事が多いですね。

 

つまり、ペーペーの一兵卒に受講の機会が与えられる事は稀です。

 

どうも、さっとです。

 

ビジネス心理術を知っておけば交渉などのシーンを有利に進める事が出来ますし、社員全員が学んでおけば、かなり強力な集団となる事は誰だって想像できます。

 

ただ、費用が驚くほど高いというコスト面での問題が大きいため、やはり現実的に難しいです。

 

さて、今回は株式会社PROCEEDのBMTSprogramがなぜ評判が良いのかについてお話します。

 

 

NLPやコーチングを人事ツールとして売っていない

よくある企業向けNLP講座やコーチング講座などは「人事評価するためのツール」「人員管理法」として売り出している所が多くあります。
怪しげなコンサル会社にそそのかされて人事評価ツールとして考えている経営者も多いですね。

 

そもそもNLPは、「脳の取り扱い説明書」と言われて、目標の実現法や問題や悩みの解決に役立てられるものですし、コーチングは対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされています。

 

決して企業が個人を管理するための手法ではないので、「人事評価するためのツール」としていること自体に矛盾が生じます。

 

どちらかというと、他が他を管理するという事の逆で、自を自で管理するための手法です。

 

現在、コンサルに「人事評価するためのツール」「人員管理法」としてNLPやコーチングを紹介されている経営者の方は、早々に契約を打ち切る事をお勧めします。

 

そもそも、コンサルなんてSE上がりの私みたいなのが多くやってるものですし(笑
経営学かじってる分、私の方がまだ小マシなくらいですし。

 

株式会社PROCEEDのBMTSprogramではどうでしょう?

 

自を自で管理することについてしっかり学べます。
そして成功者の成功法則をトレースしたカリキュラムによって心技ともに向上を目指す事が出来ます。

 

そういった観点からも本物であることが解ります。

 

本物であるからこそ、参加者から成功者が多く現れていることもうなずけますね。
だから良い評判が広がっている事は言うまでもありません。

 

 

実はコーチングの偉い先生に会ってきました

社福協が何を思ったのか、NLPやコーチングの日本で権威のある方を招いてセミナーを行った事があります。
まあ、人に関わるお仕事ですので、社福協も「これだ!!」と思ったんでしょうね。

休憩時間にその権威さんに

さっと
私、個人的にNLPかじってまして…

権威さん
経営者じゃない人が学んでるのは珍しいですね

さっと
(BMTSの名は伏せて)NLPは〇〇といった認識でよろしいでしょうか?

権威さん
よく学ばれてますね、どうやらちゃんとしたスクールに当たった様ですね

さっと
え、ちゃんとしてないスクールなんてあるんですか?

…その際に教えていただいた話が怪しげなコンサルの誤ったNLP講座であったりコーチング講座の存在でした。
しかも、結構ちゃんとやってる所にしわ寄せが来りするそうで…

ちゃんとした学びが得られるから評判がいい

怪しげなコンサルが提供するNLPでは、人員管理ツールという事を強調するために、都合の悪い部分が改変されていたりします。

そんなのいくら学んでも身になりません。
NLPっぽいものであってNLPではないのですから。

しっかりと正しい事を学べる環境を土台として、稼ぐための手段を構築していくので、成功することは当然と言えます。
また、学習方法も工夫がされており、時間がなくて机に向かう暇が…といった方でも簡単に学ぶことが出来ます。

そりゃ、評判が良くて当然ですね。

コメントを残す