高評価の株Proceed BMTSプログラムのちょっと勘違い口コミ

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

BMTSについてネットで調べると、絶賛記事と否定的な記事が見つかります。
これはBMTSに限らず、いろいろな教材や商材にはよくある事です。
アンチファンが登場してこそ本物という話もありますが、検討している人にとっては、「どっちが本当なんだよ」という事になってきます。

 

どうも、さっとです。

 

ちゃんと実践している人は稼げているし、稼げてない人はどこか誤った作業を行っているとしか言いようがありません。

 

今回は、否定的な口コミを拾い上げて、誤った捉え方をしている方に是正を促す意味で、お話します。

 

 

まず「〇〇は詐欺」みたいな記事が並んでいるサイトは信用に値しない

昔から「〇〇 詐欺」みたいなキーワードを前面に押し出しているブログやサイトは胡散臭いという事は有名です。
投稿されている記事の殆どが「〇〇(商材名) 詐欺」や「〇〇(商材名) 稼げない」といったものですね。

 

それは、本当に詐欺性のある商材の中に優良商材を織り交ぜる事で、

あなた
ええ!!あの評判のいい記事が並んでいる教材も〇〇(詐欺商材)と同じところに並んでいる…
怪しいものなのか!!

と思わせて、「本物はこれだ!」みたいに売り込みたい商材をゴリ押しする手法ですね。

 

そんなブログのアバターってテレビアニメの画像やミステリーマン(アバター未設定で表示される標準画像)だったり、原形をとどめないくらい嘘くさいハンドルネームを使ってますね。
記事なんかも「レビュー買い取り」みたいな事を明記して「あくまで書いたのは俺じゃないし」みたいな保身を図りつつ、誹謗中傷ですよ。

 

さっと
人を詐欺師呼ばわり出来るほど聖人君子なら、ツラくらいさらせや、おお!!

といった所ですね。

 

また、画像を無断転用しておいて、

詐欺ブログ
画像の無断転用とか言ってくるし。ネットでその画像を拡散してるのそっちだから、使って何が悪い。
デリカシーも何もない

といった事を書いてあるものもありましたが、著作権法や隣接する各種法規っていうのがあってだなぁ…(苦笑

 

著作権法とだけ聞いて「ああ、俺危ない事してた」と思わないのであれば、貴方は公の場で人を誹謗中傷するセンスないわ。
損害賠償請求に備えてお金貯めてなさいとしか…

 

アフィリエイトサイトで公式の画像を使用出来るのは、多くの場合はあくまでアフィリエイト作業で販売協力する場合に限られてますよ。
これ基本なので書初めでデカデカと書いて普段から見えるところに貼っておいてください。

 

 

詐欺サイト運営の方へのアドバイス

自身の勝手な正義感でモノをけなすものじゃない。
また、アバターやハンドルネームを偽装、サーバー等契約したときの個人情報をデタラメに書いていても、特定する手段は貴方が思っている以上に沢山あります。
危険なのでやめといた方が良いですね。

 

また、訴えられた場合に余裕で勝てるだけの材料を集めなておかないと話になりません。
Webデザイナ時代、会社が小さいという事もあって、法務や裁判所にお仕事で行く機会が多かったので、その立場からアドバイスを行うと、
最低でも

  1. 公共の利害にかかわる内容(公共性)
  2. 公共の利益を目的とした表現(公益目的)
  3. その表現が真実であることの証明がある(真実性)
    もしくはその表現が真実であると信じるに足る相当な理由がある(真実相当性)

これら全部は押さえておかないとなりません。

 

つまり、BMTSで稼げている人がいる以上、批判サイトにある批判記事は、私怨で書かれたただの名誉棄損でしかないといえます。
また、批判記事の上で他の商品を勧めるという事は、公共という意識に反するんだなぁ。

 

サイトアフィリで商品名出して商品比較記事を書く場合にも役立つ知識なので、覚えておいて損はないぞ。
ちなみに私も某大手企業をかなり怒らせて「訴えますわよ、小僧」くらいの事を言われましたが、双方痛み分けという事で和解してます。

 

 

サポートが得られない

よくある批判記事に「サポートが得られず、置き去り」みたいなのがありますが、

さっと
スマン、俺君から質問された事すらないんだが…

サポートを行っている人も、自身でアフィリエイトに取り組んでいたりして、何もせず部屋の真ん中でアグラをかいて暇そうにしている訳ではありません。

 

参加者一人一人を見て回ってアドバイスして回った方が良いですか?

 

学校でも多くの生徒を扱う教員にそういうのを求めている親御さんが居られますが、何甘ったれてらっしゃいますか?
申し訳ないが「質問してくれない事には、何に悩んでいて何がわからないのか」くみ取る手段はございません。

 

サポートに当たる人は基本的に「受けた質問には受けて立つぜ」といったスタンツであるため、質問さえして頂ければ問題解決に全力で取り組みますよ。
それもしないで「サポートが…」というのは少々お門違いですね。

 

専任の担当者が付く某社の自動車保険ですら、こちらから電話をして依頼しない限りサポートは始まりません。
いくら専任といっても、やっぱり時間は要します。

 

だからこそ、疑問が生じた際にすすんでサポートを依頼する姿勢が必要になってくるとは思います。

 

少なくとも、アフィリエイトというビジネスを行う事業者の一人であるという意識をもっていただく必要があります。
問題発生した際に経営者が「わからんから」といった理由で解決の糸口を求めず放置している会社っていうのは少ないと思います。

 

また、一度のアドバイスで問題点が解決できたという事例の方が多いですよね?
なぜ何度も質問しない!

 

運によるまぐれ当たりを期待しているノウハウとは違って、確実に稼いでいく方法を目指しているのだから、作業に確実性を求めたいですよね?

 

ならば、腑に落ちるまで質問して確実に身につける必要があるはずです。

 

サポートを行う場合、スカイプであろうとメールであろうと私の場合は解決案を模索して、すでに知っている内容でも検索等を行い裏を取って確実なものを提供しているので、それなりに時間を要します。
正直、記事一つ分の時間をあなたの為だけに使います。

 

それはあなたに成功して欲しいからですね。

 

アフィリエイターの実績の一つに「サポートした人が稼げました」「こんなのが出来るようになりました」という事例がありますね?
それこそが真の実績であると考えています。
そうなると、サポートに万全を期すのは当然ですね。

 

あなた
教材を暗記レベルで覚えろと言われたけど、膨大なのでやる気がない

BMTSには音声ファイルによる聞き流すだけという学習方法もありますね。
ぶっちゃけ、私もPDFは片手で数えられる程度しか読んだことがありません。
それでも塾長をこなせるくらい熟知してますよ。

 

ながら作業でも学習できるのに、それすらしていないというのは少々勿体ないですね。
そんな簡単な方法すら実践していないなんて、最初から実践する気がない、成功する気がないとしか言いようがありません。

 

NLPが何だかを説明できるための知識を得る講座ではありません。
その考えをベースに稼ぐための講座ですから、普通に考えればNLPをベースとしたそれらは、稼ぐためのヒントです。

 

今まで知らない事だったかもしれませんが、知らない事を体得するのが学習ですよね?

 

 

サポートが得られないという方へのアドバイス

購入して持ってるだけでは稼げません。
また口を開けて待ってるだけでは話になりません。

 

せっかく簡単な方法で学習出来たり、アウトプットの場があるので実践してみましょう。

 

サポートはBMTS、アフィリエイトに限らず、自分で依頼して初めて始まるものですよ。

 

 

案件の単価が…

アフィリエイト報酬を持ち出して「運営者しか儲かってない」なんて批判記事がありますが、それを言い出したら楽天アフィリや物販アフィリが軒並みダメって事になります。

 

そもそもアフィリエイトというビジネスモデルの否定ですね。
何十万円もするPCがアフィリエイトで成約しても数千円といった報酬ですよね?

 

報酬と見合わないと感じるのであれば、その案件を扱わなければいいだけの話ですよね?
アフィリエイト商材提供事業者もボランティアでやってる訳じゃないので、稼ごうと思っています。

 

それの何が悪いのでしょう?

 

稼ぐことは正義であって、そこから納税の義務を逃れる等の行為が悪なのです。

 

 

単価が気になる方へのアドバイス

稼ぐ手段さえ身につければ、気に入らない単価の案件を扱う必要はございません。
むしろ「貴社の案件は安いので扱うのやめますわ」と言い切れるくらいになります。

 

 

NLPとかマインドとか宗教くさくて嫌、アフィリエイトと関係ないじゃん

アフィリエイトの教材の多くにマインドセットを説くパートがありますが、それを指して

あなた
宗教臭くて嫌

とか言う方が居ますね。

 

一部上場企業でも、新入社員や幹部になると自己啓発セミナーや管理者養成学校なんかに行かされれて、やたら大声を出さされたりしますよね?
業務のフローから見れば、全く関係のない事です。

 

しかし、実際はどこの企業でもやってる事なんですよ。
大企業ほどわずかな出費ですら嫌う傾向にあります。

 

そんな企業が本業と関係のない事を行うセミナーなどにお金や時間を割く理由を考えた事はありますか?

 

ビジネスを行う上でこういったマインドが非常に重要であることの裏付けですね。

 

さっと
宗教くさいとか、働いた事ねぇのか、キッズ

 

事実、こういったセミナーなどにお金を使う大企業は、潰れず何年も運転していますね。

 

 

宗教臭いとかいう方へのアドバイス

そのマインドを養おうとしないから、稼げなかったりノウハウコレクターになります。
稀に「そんなの必要ない、それでも稼げた」という方も居ますが、その方は自分では気づいていないだけで、最初からセンスがあっただけです。

 

多くの場合は、センスやマインドを養わないと運任せの運転を余儀なくされます。
そのため、多くの企業は新入社員や幹部候補などをセミナーなどに送り込んでマインドを養うことを行っているのです。

 

センスのある方の「そんなの必要ない」に惑わされない必要がありますね。

 

 

稼げてる一部の人を広告塔にしているだけ

学習塾や予備校なんかの表に「東大〇名合格」「京大〇名現役合格」なんて紙が貼られてる事がありますよね?
多くの場合、成果のスゴイ人をモデルに「この塾はこんなにすごいんですよ」といった感じの宣伝がなされます。

 

当然、そんな学習塾に通っていても箸にも棒にもかからなかった方も居るはずですし、「それ何処にあるの?」といった日本福祉大学に行った方だっています。
…良いですよ、日福大。
先輩に温水洋一さんもいるし、セントレア空港近いし、私も卒業生ですし…

 

それはアフィリエイトの世界でも同じです。

 

稼げている人を「事例」として大きく取り上げるのは宣伝として当然の事であって、常識だと思います。
その稼げている人というのは、用意されたカリキュラムを確実にこなした結果な訳ですし、大きく扱われて然るべき存在な訳ですよ。

 

当然、中には稼げてない方も居ます。
それは正しく実践しているか確認もなしに「ちゃんと実践している」と思い込みの上で作業を続けていたり、そもそもやってない方ですね。

 

有名大学へ多く送り込んでいる学習塾にただ入っただけでは意味がないですよね?

 

世の中を当然をただ悪く言ってるだけですね。

 

広告塔とか言ってる方へのアドバイス

「東大〇名合格」とか書かれた紙が貼ってある学習塾の前で「これは嘘だ」と叫び続ければどうなるか、解りますね?
傍から見れば、ただの負け惜しみでしかなかったり、運営者からすれば営業妨害ですよね?

 

実際にその栄光を掴んだ方を羨んだり妬んだりする事で稼げるようにはなりません。

 

そういったネガティブな思考がエスカレートしたものの多くが、凶悪な犯罪であったりもします。
正直、楽しくもないと思います。

 

せっかくだから、もう少し前向きになってもバチは当たりませんよ。

 

 

総括

批判的な口コミの多くはどういった所からくるのだろうと思案してみると、

  • リアルビジネスとネットビジネスは違う
  • リアルでは法令順守だけど、ネットでは無双してもいい
  • リアルではすぐ特定されるけど、ネットでは特定されない

といった意識ではないでしょうか。

 

実際に人が介在する以上、リアルであろうがネットであろうが本質は同じはずですよね?

 

それは社会経験の未熟さであったり、自身の意思表示の仕方の曖昧さ、勝手な思い込みではないでしょうか?

 

株Proceed BMTSプログラムは稼げる事実がありますし、そこで教えられる内容が普遍的なビジネス心理である以上、これを稼げないというのは少々無理があるように存じます。

 

これは知識という名のツールですね。
いくら優れた工具を所有しても、自動で機械を直してくれません。
また活用しようと思わなければ、下手すると使い方すら知らないなんて事もあります。

 

しかし、実際に手にして正しい使い方をすれば、機械を直したり組み立てたり、自由度は極端に広がります。

 

最初は工具を握る手もおぼつかないかもしれません。
ネジを舐めちゃう(ネジ山などをつぶしてしまうトラブル)事もあるかもしれません。

 

だけど、それは熟練度が低いせいです。

 

誰だって最初はそうなんです。

 

ただ、手にした工具を離さず使い続ける事が熟練への近道なんですよね。

 

 

コメントを残す