うまく話せてるって思っているの、実は自分だけかも...

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

イギリスの大学生時代、周りには多くの香港人がいて、みんな英語べらべらで、うらやましくてたまらなかったんです。

分厚い英語の本も読むし、課題も何千字も書けるし...

 

 

しかし、最近の香港の英語力低下は著しくて、

若い人でも普段生活で全く使わないということもあって、外人が英語で話しかけると、
外人から英語で話しかけられてた日本人のように さーっ と逃げていきます。

12.PNG

でも、香港の名誉挽回のために行っておきますが、
一応学校で英語は学び、大学受験を経験した人ならば、ちゃんと英語はこなせます、

 

もちろん、公用語は英語も含まれていますから、大学生、公務員ならば英語は必修です。

 

 

じゃあ日本では?

 

日本でも英語学習をしている人は多いですよね。

大半の学生さんたちはスピーキング力をいちばんの目標にしているみたいです。

確かに海外旅行などで使えたらうれしいですよね。

 

でも、

あなたのスピーキング、本当に大丈夫? 誤解されてない?

苦笑されてない?

 

例えば、旅行に行って会話の時に、 あなたがただ単に、単語を言ったり、

相手の言葉に相槌を打ったり、「YES, NO」というだけでも、

一応会話はつづけることができます。

でも、これじゃ、会話の練習効果は低すぎます

たとえ、あなたが会話が得意で、英語の文章を話してみたとしても相手は指摘しにくいし、会話を止めることになるので、

 

結局 間違いは学びにくいものです。、

 

ということは、

細かい間違いを知り、そこを改善していかない限り、

あなたの英語は適当で、間違いをちりばめた、

誤解される恐れもあるもの、ということです。

 

だから、日本でも、受験はもとより、就職などの際、スピーキング力よりライティング力を重視するところが多いんだそうです。

それもそのはず

ライティングでパーフェクトな英語が書けないということは、それが正しく話せない、
いい加減に間違いをちりばめながら話しているのと同じ。

恥ずかしいっ!

 

というわけで、英語をマスターしたいと思った私、いろいろ学校や教材を探してみたのですが、

結構 値段が 高い。

何十万円とかする

でも、近頃、一番苦手なライティングを学べるオンラインコースを見つけて、
中学生の息子とともに参加しました。

大学受験や各種テストの作文力のためにいいと思ったからです。

チケット購入時には

プレゼントとして無料添削GET12.PNG
私が先に参加して息子を紹介した形になったので1500円の紹介料もGET!

お得感も満載です。

講師陣はネイティブ、日本人の先生が選べて、間違いを詳しく説明してくれて、

質問も徹底的に受け付けてくれる

そんなところ見つけたんです。

お値段は 600字で500円台!安い!

ほかの同じ様なコースでは倍以上のところがざらです。

ここをクリック

英作文のフルーツフルイングリッシュ今なら無料お試し添削も受けられます

私の経験上 最短半日で返事を返してくれる時もあり、
急ぎの宿題やビジネスレターのネイティブチェックをなどにもガンガン使えますよ。
ここをクリック

fruitイングリッシュ

One Comment

コメントを残す