情報商材を信じるか、信じないか

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

昔と比べれば、悪徳であったり詐欺的な教材は減りました。
それなりに普及して皆さんの目が肥えてきたからでしょうか?

 

しかしながら、現在でもまだまだ「あちゃー」と感じるような詐欺的なものは、残念な事に存在します。

 

どうも、さっとです。

 

一口に情報商材というものは、かなり再現性も高く稼げるものから、危険な香りの漂うものまで多岐にわたります。

 

だからこれが安全です、販売ページはこちら…
…みたいな話をするつもりはありませんよ。

 

なぜなら、私は実際に手に取って検証を重ねて「安全・稼げる」と判断したものしか継続して紹介していませんから。

 

しかしながら、確実に実践すれば稼げるにも関わらず、「稼げる人」と「稼げない人」の二つに分かれてしまいます。
なぜでしょう?

 

この手の話題はこのブログにも何度か登場していますが、その点を踏まえても稼げない人がいます。

 

実はかなり根本的な部分に原因があったのではないかという事に気が付きましたので、今回はそのあたりのお話をします。

 

 

信じるか信じないかは、あなた次第です

これまでにモチベーションや実践に対する取り組み等の、「実際に実践する上でどうするべきか」について着目していましたが、新たな事がわかりました。

 

それは、教材をはなっから信用していないという場合です。

 

ただ、「なんとなく稼げそう」といった気持ちで、あやふやな気持ちで教材を手に取られた場合、その教材に書いてある内容に「本当なのかな」といった疑念を抱いていてしまう事があります。

 

まあ、書いてある内容というのは、初めての方にとっては、いままで見たことのない話な訳で、それを確かめる手段を持ち合わせて居ません。
特にそれが経験したことのない新ジャンルであったり、リスクや費用負担がある場合は顕著に現れます。

 

しかし、

稼げなかったらどうしよう

失敗したらどうしよう

嘘だったらどうしよう

といった気持ちで実践していては、常にブレーキをかけた状態で車を走らせているような状態に近いですよね?

 

ブレーキを踏んだまま、車を走らせると、多くのエネルギーを無駄にしたり、持てる性能を発揮できなかったり、場合によっては正常な部品に負荷が掛かって壊れたりします。

 

あと、後続車など周囲に「何、この人アタマ大丈夫?」と感情を抱かせる事にもなりますね(笑

 

アフィリエイトにも同じことが言えますね。

 

マイナス思考によるブレーキをかけ続けて実践すると、そりゃあ実践するのにヨイショもいりますし、持てるスキルを存分に使う事も難しいです。
何かをイヤイヤやってると気分が悪くなるなんて事もありますよね?

 

 

そんなマイナス思考を引きずって稼ぐのは難しいと言えます。

 

…とは言え、普段からそういった思考で動いている人に「プラス思考、ポジティブに行こう!!つうかポジれ!」と言われても、何をどうすれば…

 

プラス思考の方の考え方として

「稼げなかったらどうしよう」

「稼ぐためにはどうすればいいのか?」

 

「失敗したらどうしよう」

「失敗しないためにはどうすればよいか?」

 

「嘘だったらどうしよう」

「仮に嘘だったとしても、ネタが増えるし」

 

といった感じですかね?

 

少なくとも情報商材を買う前に、ある程度のリサーチは行いますよね?
その結果、「これだ!」と思って購入を決めていると思います。

 

…にも拘わらず「嘘だったら」とか、どれだけ自分の事が嫌いなんですか?

 

実は有名優良商材にも関わらず、「嘘」「稼げない」なんて言ってる人は、多くの場合、かいつまんで理解していたり、実践してない場合ばかりなんですよね。

 

「稼ぐためにはどうすればいいのか?」「失敗しないためにはどうすればいいか?」といえば、それは教材をしっかり読み込む他にありません。
「嘘だったら」と感じている人は、それを手に取った自分の判断を信じる、教材を信じる他ありません。

 

 

教科書を信じない学習方法はない

学生の頃、多くの方は「教科書に書かれた事は間違いない」という絶対条件の基に学習を進めていたと思います。
中には「いいや、教科書が間違えてるね」と主張する方も居たかも知れませんが、それではテストでいい点を修める事は難しいです。

 

教科書に疑念を抱きつつ、する学習方法ってないんですよね。
教科書が正しいか否かは学習のすべての課程を修めて、はじめて行うことが出来ます。

 

 

例えば、世界一のうどんを打つには、まず普通のうどんの打ち方を知らない事には始まりませんよね?
軸となる基本がない事には、すべてが手さぐりになります。

 

相当な時間を要する事は、言うまでもありません。

 

その時間を短縮する基本的な考え・行動を著したものがノウハウとなります。
まずは信じるしかありません。

 

どうしても信じられないという方は、情報商材を買わず、独自に手法を確立するしかありません。
多くの場合、こういった方は早々にドロップアウトしますが…

 

 

3 Comments

  1. さっとさん、こんばんは。
    実にわかりやすくて、納得のいく投稿、素晴らしいです。
    情報商材を買っても、その人に合うか合わないかはその人次第ですね。
    応援していきますね。

  2. さっとさん、トシです。
    今回の記事で、反省させられる点、多々ありました。
    まずは自分自身が信じる、そして実践するという二つのシンプルな原則にしたがって行動してみたいと思います。

  3. さっと塾のみなさん こんにちは!
    熱血!ガテン系!ピンキー塾の「ナオ」と申します。
    いつも記事作成が上手なのには、驚きますね。
    さっと塾のパワーを頂きにお邪魔しました。
    いつも応援していますので
    今後も 宜しくお願いします。

コメントを残す