良いものを売れば口コミで売れるというのは幻想!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは、BMTS生でさっと塾のマイペースアフィリエイター蒼士です。

 

 

今回は、”良いものを売れば口コミで売れるというのは幻想”という内容をご紹介します。

 

ネットビジネスだけでなく、色々な商品やサービスが世の中には数多くありますが、良いものだけが売れているということはないですよね。

 

悪い商品やサービスより、良い商品やサービスの方がいいに決まっていますが、必ずしも良い商品がヒットするとは限りません。

 

インターネットのショップなどを見て、ときどき不思議に思うことってありませんか?

 

同じものを売っているネットショップで、価格が高い方がよく売れていたということや『これは誰も買わないでしょう』というものが売れていたということがありました。

 

理由は、恐らく、『良い商品を作った人は、良い商品だから勝手に売れるだろう』という考えから売り方を勉強しなかったことで、せっかく良い商品を作ってもヒットすることができなかった。

これとは逆に悪い商品は、売り方を勉強して売らなければ売れないので、売り方を必死になって勉強します。

 

それはそうですよね、もともと売れないものを売ろうとしているのですからね。

 

では、良い商品を真剣に売り方を勉強して売ったら・・・、まさに鬼に金棒ビジネス!無敵ビジネスじゃないですか!

 

 

そうなんです。

 

良い商品を作って、売り方もしっかりとしていれば、お客さんも良い商品を購入する方がいいに決まっていますから購入してくれるのです。

 

だから、売り方も真剣に勉強する必要があります。

良い商品 × 売り方 → ワクワクする売上!

 

鬼に金棒ビジネスをぜひ経験したいですよね!

 

どうやって売り方の勉強をしたらよいかというと、まずは、”欲しい人に手を挙げてもらう”ことから始めましょう。

商売の原則をご存じですか?

 

以前のブログ記事でも書きましたが、”欲しいものを欲しいと思う人に欲しいタイミングで紹介する”のが商売の原則です。

 

 

 

そして、お客さん・読者さんの原則もご存じですか?

こちらも以前のブログ記事でも書きましたが、

お客さんは読もうと思わないし、聞こうとも思わない。

お客さんは理解しようと思わない。

お客さんは手放しで信じようとしない。

お客さんはすぐに決断しようとしない。

 

 

人は得体の知れないものを避けるので、この原則は当然だと思います。

 

しかし、これは逆に相手に好かれるようになれば、購入してくれるようになるということです。

 

その商品のファンだったら何が何でも手に入れようとしますよね!

 

相手から好かれるようにどうすればよいのか?信頼されるにはどうすればいいのか?

 

決断してくれるには?と、頭に汗をかいて考えることがビジネスでは大切なことです。

 

 

相手に徹底的に思い寄せて考えられるようにすることはビジネスで成功していくために必要不可欠な要素となります。

 

ただ、良いものを作れば売れるというのは、現代では幻想なのです。

モノを売る販売力を身に付けていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す