購入のことだけ考えていませんか?購入後も考えるのが成功の鍵!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんばんは、30代後半、会社員 BMTS生でさっと塾のマイペースアフィリエイター蒼士です。

 

ビジネスでは、購入までを考える人が大半だと思います。

 

売ることが目的なのですから、売るところまで考えるのは当然だと思います。

 

しかし、成功する人達というのは、購入後のことも考えているのです。

 

どういうことかというと、自動車であれば、運転していればいずれクルマは故障します。

 

パソコンや冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの家電製品も使っていれば、いつか故障します。

 

故障してアフターフォローが万全であれば、購入してくれたお客さんは、最初はただ購入したかもしれませんが、対応に感動してもらえたら、ファンになる可能性が高いです。

 

次回購入するときに他のよりも少し高かったとしても、故障時のアフタフォローの対応のイメージがよかったら、また購入する確率は高くなります。

 

 

故障したアフターフォロー以外でも、購入した後に、購入者同士が交流できる場を作ることで、楽しい交流を体験できれば、ファン化します。

 

お客さんは、購入後に自分が購入したものが正しいと感じたい、自分の決断が間違っていなかったと思いたいので、購入した後にこうしたアフターフォローで喜ばせることは大切なことです。

 

ファン化することで、他にも既存客の流出を防ぐ効果もあります。

 

最近は、特に価格だけで購入するか、しないかを決めるケースが増えています。

 

ライバルがより安い価格で販売してきたら、負けてしまうのです。

 

しかし、ファン化できれば、完全に流出を防ぐことはできませんが、こうした楽しい機会を増やすことで、流出するお客さんの数を減らすことが出来ます。

 

これは人間関係を深めていくことがお互いに反映されているからなんですね。

 

人間関係構築には、お客さんとの接触回数を増やすことが重要です。

数式で表すとこうなります。

人間関係 = 印象 × 接触回数

 

当然ですよね、1回だけあった人よりも、毎日、顔を合わせている人の方が人間関係が出来て、信頼しますよね。

 

私の実体験として、近くのコンビニを経営されている老夫婦がいました。

私が小学3年生くらいからコンビニが出来て、30歳位までずっと経営されていました。

 

毎日、行くといるのでよくお話をしました。

そりゃ、20年の付き合いですからね。

信用するし、信頼関係も構築しますよね。

 

だから、コンビニ用がある時はその老夫婦がいるコンビニに行っていました。

ごひいきにしていたわけですね。

 

お客さんとしては、どうせいくならあそこにしようと考える人もいるんですよね。

 

ただ、購入させればいいというのではなく、購入したあとも継続的に購入してくれるように人間関係を構築することは、長く稼ぐためには重要な要素ということになります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す