成功の鍵は、ハッピーマーケティング!その全体像とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんばんは、30代後半の会社員で、BMTS生さっと塾のマイペースアフィリエイター蒼士です。

 

 

成功の鍵は、ハッピーマーケティングになります。

 

『ハッピーマーケティング?そんなの聞いたことないな』、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ハッピーマーケティングというのは、売る人も買う人も両方WIN-WINでハッピーだから、ハッピーマーケティングといいます。

 

どんなマーティングなのか知りたいですか?

 

今回は、このハッピーマーケティングの全体像について、さらっとご説明しますね。

 

ハッピーマーケティングには5つのステップがあります。

  1. 欲しい人に手を挙げてもらう パーミッションマーケティング
  2. 商品やサービスを知ってもらう ディフィニットセリングプロセス
  3. 購入後のフォロー リレーションシップマーケティング
  4. 既存客による収益の継続・拡大 データベースマーケティング
  5. 口コミによる収益の拡大 バイラルマーケティング

この5つのステップで、成功のサイクルを構築します。

 

パーミッションマーケティングとは、欲しいものを欲しい人に欲しいタイミングで売るために、集客でプレゼントを用意します。

プレゼントを用意できてたら、そのプレゼントを請求してもらう仕組みを作り、連絡をする許可を取ります。

連絡先に連絡をして、プレゼントがほしいという人を集めます。

タイミングは、人それぞれなので、相手との接触回数を増やすことで、欲しいタイミングで購入してもらいます。

 

 

ディフィニットセリングプロセスとは、実際に販売していくために、キャッシュポイントの用意をします。

プレゼントやパーミッションメールに掲載した紹介ページや販売ページに来てもらい、商品を知ってもらいます。

商品を知ってもらったら、商品の販売、決済サービスを利用することで実際に販売します。

中には、商品の購入に迷うお客さんも当然ながらにいます。

こうしたお客さんにおまけを準備することで、背中をそっと押してあげることも大切なことです。

 

 

リレーションシップマーケティングとは、お客さんが購入してよかったと思うように働きかけることです。

こうすることで顧客満足度が向上します。

購入後にお客さんが予想もしなかったサプライズのプレゼントをするのも効果的です。

 

 

データベースマーケティングとは、購入してくれたお客さんにさらに喜んでもらえるようにすることです。

例えば、新製品の情報を送る、購入した商品のわかりやすい使い方など、購入して喜んでくれたお客さんがさらに喜んでもらえるようにすることです。

 

 

バイラルマーケティングとは、新規のお客さんを獲得するように仕掛けを作ることです。

よくご紹介キャンペーンというのをめにしたことがあると思いますが、既存客だけでは、利益は減る一方です。

そこで、報酬を準備することで、常に新規の顧客は獲得し続けるように仕掛けます。

商品を購入して喜んでくれたお客さんに口コミで情報を広めてもらえるようにすると広告費を多く使わずに済み、成約率も既存客からの方が高くなります。

 

 

このハッピーマーケティングをうまく計画することができれば、成功の鍵はもう掴んだも同然です。

いきなり、うまくいかせようと考えずに失敗しても次に生かせる経験をしたと思って、また次に挑戦することが成功への道になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す